マックス・フェルスタッペン 「F1イギリスGPの事故がなければ王座は早期に決まった」 レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPでの大クラッシュがなければ、タイトル争いが最終戦までもつれこむことはなかったと感じている。

マックス・フェルスタッペンは、最後戦のファイナルラップで自身初のF1ドライバーズタイトルを獲得した。新品ソフトでのリスタートで、ルイス・ハミルトンの8回目のF1ワールドチャンピオン獲得を阻止した。

シーズンの大部分において、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズチャンピオンシップの首位に立っていたが、いくつかの重要な瞬間がフェルスタッペンとハミルトンをバトル圏内に戻した。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、タイトル争いにおけるいくつかの決定的な瞬間を挙げた。まずはマックス・フェルスタッペンがレースをリードしているときにタイヤのパンクに見舞われた第6戦アゼルバイジャンGPを選んだ。

ルイス・ハミルトンは、インシデント後のリスタートで“ブレーキマジック”の誤操作でランオフに直進し、セルジオ・ペレスが勝利を手にした。

また、クリスチャン・ホーナーは、シルバーストンでのF1イギリスGPを「重要な瞬間」として選んだ。マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンはオープニングラップでコプスで衝突し、フェルスタッペンをバリアに突っ込んで、51Gのインパクトを記録した。

「いくつかの大きな瞬間があった」とクリスチャン・ホーナーはGPFansに語った。

「フランスとオーストリアのダブルヘッダーでの勝利、連勝が重要だった。その後、我々がアゼルバイジャンのような挽回しなければならない瞬間があった」

「強力な挽回が重要だった。そして、マックスはそれをした。それからシルバーストンは重要な瞬間だった。再び彼はそれからどのように挽回したかが重要だった」

マックス・フェルスタッペンは、クリスチャン・ホーナーに同意し、最もタイトル獲得の足枷となったレースにシルバーストーンを挙げた。

その事件がなければ、マックス・フェルスタッペンは最終戦までタイトル争いがもつれ込むことはなかったと考えている。

「クリスチャンと同じだ。シルバーストーンでタイヤウォールに頭突きをするのは素晴らしいことではなかった」とマックス・フェルスタッペンはシーズンの重要な瞬間について語った。

「重要な瞬間だった。そうでなければ、はるかに早く決定していただろう」

「特にシーズン終盤に、予想外の数勝、ポールポジション、さらにはファステストラップで追加ポイントを獲得できた」

「僕たちのようにチャンピオンシップの戦いをしている場合、そういったことが実際に重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1