【動画】 マックス・フェルスタッペン、最終コーナーでクラッシュ / F1サウジアラビアGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1サウジアラビアGPの予選Q3の最後のアタックの最終コーナーで痛恨のクラッシュ。3番手で予選を終えた。

マックス・フェルスタッペンは、Q3の1回目のアタックでタイムシートのトップに立ち、2回目のアタックでセクター1で壁すれすれの攻めた走りを見せ、セクター1、セクター2と区間ベストを更新。1回目のタイムを約0.4秒更新し、ハミルトンのタイムより約0.2秒先んじていた。

しかし、最終コーナーで痛恨のクラッシュ。タイム更新はならず、3番グリッドからのスタートとなった。ギアボックスへの衝撃で交換が必要となった場合は、5グリッド降格となる。

マックス・フェルスタッペンは「(最終ラップ)で何が起こったのかよくわからないけど、少しロックしてしまったみたいだ。3番手は残念だけど、今日はマシンの速さを示す事ができた。明日はどなるかな…」と予選後のインタビューで語った。


関連:F1サウジアラビアGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション!フェルスタッペン痛恨のクラッシュで3番手

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP