「通常の状況ではマックス・フェルスタッペンに勝ち目はない」と元F1ドライバーのラルフ・シューマッハ
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、今後の2レースで異常な状況の介入がなければ、F1ワールドチャンピオンを獲得する“チャンスはない”と考えている。

残り2レースとなった現在、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズランキングでルイス・ハミルトンを8ポイントリードしている。

しかし、過去2戦ではメルセデスF1が優位に立っており、ルイス・ハミルトンが2連勝を挙げ、マックス・フェルスタッペンは2位に甘んじた。

ラルフ・シューマッハは、運の要素がなければ、マックス・フェルスタッペンは、記録破りの8回目のF1ワールドチャンピオンを目指しているルイス・ハミルトンを相手に初タイトルを獲得することはできないだろうと語る。

「現在、メルセデスの方がより安定したパッケージだ」とラルフ・シューマッハはSky Germanyに語った。

「マックスはすべてを与え、彼がどれほど優れているかを示している。しかし、通常の状況では、彼にチャンスはない。彼はこれまで欠けていいた運を手にするかもしれないがね」

「もし、彼がシーズン序盤にすでに運に恵まれていた、彼はもうワールドチャンピオンになっていたかもしれない」

レッドブルF1は、メルセデスのペースについて疑問を投げかけ、リアウイングの「スコアマーク(擦り傷)」を指摘した。レッドブルF1は、これがメルセデスに大きなスピードアドバンテージを与えていると信じている。

だが、メルセデスはマシンがレギュレーションに完全に準拠していると主張しており、ラルフ・シューマッハは、F1のターボハイブリッド時代を支配してきたメルセデスが不正をする理由がないと語る。

「カタールでは、メルセデスが十分に速く、不正行為をする必要がないことを再び確認した」とラルフ・シューマッハは付け加えた。

「どのチームも故意にルールを無視しているとは思えない。限界に近づくと、常に何かがうまくいかず、グレーゾーンに入る可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ラルフ・シューマッハ