8番手のママックス・フェルスタッペン 「トラフィックでクイックラップを完了できなかった」 F1アメリカGP 金曜日リー走行
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、トラフィックによってアタックラップをできなかったこともあり、F1アメリカGPのフリー走行2回目を8番手タイムで終えた。

フリー走行2回目を終えたマックス・フェルスタッペンは「ソフトタイヤでクイックラップを完了することができなかった」とコメント。

「ここでは全体的に簡単ではなかった。トラックは非常にバンピーで、適切な妥協点を見つけるのは簡単ではない。注目すべきポジティブなことはいくつかあった。明日も引き続き取り組んでいく」

「ショートランの感触は悪くはなかった。トラフィックに引っかかってしまっただけだ」

セッション序盤には、ルイス・ハミルトンとまるでレースのようにホームストレートから1コーナーをサイド・バイ・サイドで抜けるシーンがあった。

「僕たち皆、速いラップのために並んでいるし、あそこで何が起こったのかよく分からない」とマックス・フェルスタッペンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1アメリカGP