レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン、NetflixのF1ドキュメンタリーへの出演を拒否
マックス・フェルスタッペンは、NetflixのF1ドキュメンタリー『Drive to Survive』の最新シリーズへの主演を拒否したと明かした。

マックス・フェルスタッペンは、その理由として、NetflixのF1ドキュメンタリーは、「実際に存在しない」「偽のライバル」関係を演出する傾向があるためだと述べた。

現在、マックス・フェルスタッペンは、F1ワールドチャンピオンをかけてルイス・ハミルトンとの熾烈な戦いを繰り広げており、現在、6ポイント差をつけてランキング首位に立っている。

F1イギリスGPとF1イタリアGPでの2度の接触によって、二人の関係は緊張し、スチュワードはそれぞれ事故でどちらかに責任があると判断した。

だが、マックス・フェルスタッペンは、撮影クルーが他のドライバーやチームと同じように自分をフォローすることを許可しないため、少なくともマックス・フェルスタッペン側からの視点は『Drive to Survive』では見ることはできない。

「アメリカでのF1人気を高めるためにそうする必要があることは理解している」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、ドライバーとしては、その一部になるのは好きではない」

「彼らは実際には存在しないいくつかのライバル関係を捏造した。だから、僕はそれに出演しないことに決めた。そして、示すことができるものは何もないので、その後もそれ以上のインタビューを受けていない」

「僕はあまりドラマチックなショーのような人ではない。事実と現実を実現したいだけだ」

マックス・フェルスタッペンは、タイトルレースのルイス・ハミルトンとのライバル関係について「おそらくNetflixのショーでは僕たちはそういうことになるだろう。僕たちはお互いに歩いて出くわしたこともあるし、おそらくそう描かれるだろうね」とコメント。

「問題は、彼らが常に自分たちが望む方法で編集することだ。僕たちがどんなことを言っても、彼らは無謀に見せようとしたり、作ろうとする・・・シリーズのストーリーに合うものは何でもね」

「だから、僕はそれがあまりに好きではなかった。僕のことを知りたい人と1対1でインタビューされる方が好きだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1