最も人気のある現役F1ドライバーはマックス・フェルスタッペン / F1グローバル調査2021
F1史上最大のグローバル調査が行われ、マックス・フェルスタッペンが最も人気のある現役F1ドライバーに選ばれた。

ニールセンとモータースポーツネットワークの共同で実施されたF1史上最大の調査には187カ国から167,302人のファンが参加。この調査は、F1が将来の戦略的決定を下せるように、ファンが何を望んでいるか、そしてスポーツについて何を大切にしているかを伝える機会を提供した。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトン(メルセデス)は2017年の前回の調査でトップに立っていたが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とランド・ノリス(マクラーレン)に次ぐ3位に後退した。

マックス・フェルスタッペンが14.4%の得票率でトップに立った。オランダのファンはここでは決定的ではなく、特に米国と日本で強い支持を得ている。

ランド・ノリスは13.7%で2位だったが、女性では最高ランクであり、24歳未満のすべての年齢層で1位だった。3位のルイス・ハミルトンは英国と35歳以上のグループすべてで1位、米国では2位だった。

チームでは、マクラーレンが29.5%も得票率で最も人気のあるチームに選ばれた。2位はレッドブルで19.8%、前回の調査で1位だったフェラーリで17.9%で3位に落ちたが、メルセデスの11.9%を上回った。

ファンは、F1のスプリント予選フォーマットと持続可能な燃料への移行計画に前向きに反応し、ファンの55%がこのスポーツがテクノロジーの世界的リーダーになることを望んでいると答えた。

参加者の55%は、2017年のファンの25%と比較して、F1が「5年前よりも健康である」ことに同意した。

F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは「この大規模な調査で意見を共有する時間を与えてくれたすべてのファンに心から感謝している」とコメント。

「彼らの見解は我々にとって非常に貴重であり、我々は結果で見たものに非常に満足している。また、モータースポーツネットワークとニールセンスポーツの素晴らしい仕事に感謝したい」

「我々はスポーツとしてまさに国際的であり、世界中の大陸や国で世界的なファンベースでレースをすることを光栄に思っている。我々は、イベント、テレビ放送、ソーシャルメディア、メディアコンテンツを通じて、世界中の隅々にリーチしている。これは、そのようなプラットフォームを持つことの祝福だが、責任でもある。我々は自分たちが持っているものを保護し、成長させ、より多くのファンにリーチし、それらの祝福が残り、より強くなることを保証しなければならない」

「調査の結果は、我々が正しいことをしていることを示しており、我々はすべてのファンが望んでいるトラック内外での興奮とエンターテインメントを生みだすことに引き続き焦点を当てていく。我々は自分たちの将来に非常に興奮しており、ファンもそうであることを分かっている。」

F1グローバル調査2021:お気に入りのドライバートップ10
1.マックスフェルスタッペン(14.4%)
2.ランド・ノリス(13.7%)
3.ルイスハミルトン(12.5%)
4.ダニエル・リカルド(10.2%)
5.セバスチャン・ベッテル(9%)
6.シャルル・ルクレール(7.4%)
7.フェルナンドアロンソ(7.3%)
8.キミ・ライコネン (5.4%)
9.ジョージ・ラッセル(4%)
10.ピエール・ガスリー(2.9%)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1