マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1のメンタリティはルノーと大きく異なる」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルとホンダF1の関係は、2010年から2013年の間にチームが4回連続で世界選手権に勝った以前のサプライヤーのルノーとの関係とは大きく異なると考えている。

ルノーとの関係は、フランスのメーカーがパフォーマンスと全体的な信頼性の欠如のためにタイトルに挑戦することを妨げているというレッドブルの認識によって悲惨な結末を迎えた。

ホンダと一緒に仕事をしている間、レッドブル・レーシングにとって状況ははるかに良くなった。そして、ホンダはF1から撤退するが、彼らの知的財産をレッドブル・パワートレインズに譲渡することで、レッドブルは2022年から1つのサイトでシャシーとエンジンを供給することになる。

マックス・フェルスタッペンは、ホンダでの年月は、チームがルノーで働いていた年とはかなり異なっていると語った。

「僕たちが以前よりもはるかに統合された仕事をしているという理由だけでも、今の関係は異なっている」とマックス・フェルスタッペン語った。

「それはまったく異なるメンタリティだ。ルノーを批判しているわけではないけど、非常に異なっている。僕はホンダと一緒に仕事をすることを本当に楽しんでいる」

ホンダは、レッドブルの自給自足への移行を支援する。レッドブルは、パワートレイン部門を構築して、それ自体でマニュファクチャラーになる。

「もちろん、僕たちは今、それに全力で取り組んでいるし、僕はそれに大きな自信を持っている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「時間だけがそれがどうなるかを示すだろう。まだそれを埋めることはできない。もちろん、レッドブルはそれを成功させるためにできる限りのことをしている」

レッドブルは、中止となったF1日本GPが予定されていた週末に開始されたF1トルコGPで、特別カラーリングのRB16Bを走らせて、撤退するホンダF1への敬意を表した。

「このカラーリングは鈴鹿でのF1日本GPの週末にで使用するためのものだったけど、それでもトルコでそのマシンを走らせることができてうれしい」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「それは、関係がいかに良好であるかを示している。それを見ることができて見てとても良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / ルノー / レッドブル / ホンダF1