マックス・フェルスタッペン 「ピットストップ後に勝利は諦めていた」 F1トルコGP 決勝
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、バルテリ・ボッタス(メルセデス)のパフォーマンス上の大きなアドバンテージによって、ピットストップを行った後、F1トルコGPでの勝利は諦めていたことを明らかにした。

マックス・フェルスタッペンは、レースのスタートでバルテリ・ボッタスに次ぐ2位を維持し、数秒遅れで落ち着いた。37周目に新しいインタミディエイトに交換するためにピットインしたときにはボッタスとの差は6秒に広がっていた。

メルセデスは、アンダーカットの脅威をカバーするために、1周後にバルテリ・ボッタスをピットに入れている。

バルテリ・ボッタスはアドバンテージを拡大し、マックス・フェルスタッペンはF1トルコGPを2位でフィニッシュ。その結果、ドライバーズチャンピオンシップのリードを取り戻した。

「第1スティントで少し経った後、彼が速すぎること分かった」とマックス・フェルスタッペンは Sky Sports F1 に語った。

「ある時点でギャップは少し縮まったけど、彼は再び引き離した」

「タイヤがなくなったので、ちょっと待ってみた。後ろのシャルル(ルクレール)もかなり速かったし、ピットインしたら基本的に最後まで走るだけだった。ペースがないことは分かっていたし、タイヤが最後に向かってより良い状態になるだけだったので、トラブルに見舞われることはなかった」

マックス・フェルスタッペンはレース中にギアシフト関連の問題を訴えていたが、それがイスタンブール・パークでの彼のパフォーマンスに影響を与えなかったことを確認した。

「ギアシフトの問題はなかった。ギア数の横にメッセージが表示されていた。1つセッティグを変更したら、それはなくなった。パフォーマンスが制限されることはなかった」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「タイヤを最後まで走らせるためにペースを管理するだけだった。できる限りうまくやろうとしていた。メルセデスの方がまだその点で良い仕事をしたように思えた。今日のバルテリは特にね」

「彼を少し追いかけようとしたけど、彼らの方がペースが速かったし、タイヤのケアも僕たちよりも上手に行っていた。全体的に僕たちが彼らと比べてペースが遅れていた週末に、ここで2位、チェコが3位になったのはチームとして素晴らしい結果だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP