レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン 「予選3番手は今日の最大限の結果」 F1トルコGP 予選コメント
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1トルコGPの予選3番手は「最大限だった」と振り返る。

今週末、マックス・フェルスタッペンはマシンバランスに苦戦しており、ウェットでメルセデスが本腰を入れなかったフリー走行3回目以外、ルイス・ハミルトンを上回ることができなかった。

予選でもマックス・フェルスタッペンは、Q3で1分23秒196秒をマークしたが、2台のメルセデスは1分22秒台。ルイス・ハミルトンの最速タイムは1分22秒868と0.328秒の差がついた。

ルイス・ハミルトンはエンジン交換によって10グリッド降格ペナルティを受けるため、マックス・フェルスタッペンは2番グリッドに昇格。ポールポジションからスタートするのはバルテリ・ボッタスとなる。

「最初はコンディションがかなりトリッキーだったけど、昨日と比べれな、かなりうまく好転させることができたと思う」とマックス・フェルスタッペンは予選後に語った。

「ストレートで少し負けたものの、全体的にラップはかなり良かった。そこは調べなければならないけど、もちろん、ポールを争えるラップタイムではなかった。つまり、3番目が今日の最大限だった」

「昨日と比べるとかなりリカバリーできているので、全体的にはかなり満足している。明日は2番グリッドに並ぶし、一晩で天気がどうなるかを見ていきたい」

決勝について、マックス・フェルスタッペンは「レースはもう少し良くなるはずだ。レースでどれほど競争力があるか見てみよう」と語る。

「このトラックはタイヤの摩耗はかなり高いようだ。少なくとも今はこのトラックは運転するのがとても楽しい。左回りの長いターン8は特にね。明日はできるだけ多くのポイントを獲得することを目指していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP