マックス・フェルスタッペン 「通常によりも静かな土曜日になるだろうね」 / F1ロシアGP 金曜フリー走行後インタビュー
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、F1ロシアGPの金曜日のセッションを終え、残りの週末について Ziggo Sport のインタビューに応えた。

マックス・フェルスタッペンがフリー走行1回目を3番手タイムで終えた後、レッドブル・ホンダはパワーユニット一式を交換することを決定。すでに前戦F1イタリアGPでルイス・ハミルトンとの接触によって3グリッド降格を科されていたフェルスタッペンだが、2桁のグリッドペナルティを受けることで最後部スタートが決定した。

まず、ソチ・オートドロームについてマックス・フェルスタッペンは「ターン3は楽に全開だし、最大限に生かさなければならない90度のコーナーがたくさんある。これまでのところ、以前の年よりも走りはいい感じだ」と語る。

年月を経て、路面はパンピーになっているのか?

「そうだね。スタート/フィニッシュからターン2まではそうだね。でも、それを避けてブレーキをかけると少し良くなるし、コーナーではそこまで悪くはない」

FP1でショートランを実施したが、パワーユニットの充電モードに問題があるように見えた。

「僕たちはすでにエンジン交換を行うことを計画していたので、タイヤの割り当てを変えていた」とマックス・フェルスタッペンは語った。

天気予報はパワーユニットの決定に影響を与えたのだろうか?

「そうだね。それだけでなくトラックもね。今後のいくつかのトラックと比較して、ここでオーバーテイクができるし、タイヤの摩耗が少ないので、ここでそれを行うことにした。」

予選セッション全体を行うつもりか?

「当然、レースのスタートタイヤを選ぶことができないので、Q3に参加したくはない。もちろん、それが僕たちが望んでいることだ」

「通常より静かな土曜日になるだろう」

では、決勝にむけてどのようにマシンを仕上げていくことになるのか?

「最初のラップは明らかに限界に達していないので、ラップを通り抜ける方法を感じて、どれだけブレーキを遅らせるることができるかを判断する必要がある。ブレーキが少し早すぎることもあれば、限界に近づいているコーナーもある。周回を重ねるごとに、FP1、FP2、FP3を通過して、Q3ですべてをつなぎ合わせることができるように、マシンのバランスを微調整しようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ロシアGP