マックス・フェルスタッペン 「F1はザントフォールトからトラック設計を学ぶべき」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1のトラック設計は、ミスが罰せられるザントフォールトから学ぶべき教訓があると感じている。

当初の契約よりも1年遅れて、F1オランダGPは36年ぶりに2021年にカレンダーに復帰。ザントフォールとターン3と最終コーナーのバンクが人気を博すとともに、ウォールと砂利によってミスを犯す余地がほとんどないチャレンジングなサーキットとして人々の心に改めて植え付けられた。

現在では、ドライバーのミスが厳しく罰せられるトラックは珍しいものとなっているが、マックス・フェルスタッペンは、ザントフォールトはF1で使用されるサーキットがどうあるべきかを示していると考えている。

「それはすべてランオフの背景になる考えだと思う。ある時点ですべてのトラックがフルターマックに移行したことで、トラックのキャラクターが少し薄れてしまった」とマックス・フェルスタッペンは Channel 4 に語った。

「縁石でさえ、このトラック(ザントフォールト)には内側や外側にあるさまざまな種類の縁石があり、それが違いを生む」

「新しいトラックについて、彼らが学べることがあるのは確かだと思う。このトラックは鈴鹿に少し似ていて、場所によっては容赦ない。ミスをすれば、ペナルティを科せられる」

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、ザントフォールトの改修、特にバンクコーナーに満足しており、この会場がF1が将来進むべき哲学を提供してくれることを期待していると語った。

「我々はデザインに取り組み、いくつかのコーナーでバンキングを増やした」とザク・ブラウンは Formula1.comのコラムに書いた。

「ドライバーが愛する特徴を追加し、ファンや観客に素晴らしいものになったので、我々は非常に満足しています。サーキット建設社のDromoは、それを実現するために素晴らしい仕事をした。プロモーターがそれを実現する自信と信念を持っていたのも素晴らしかった」

「サーキットがどのように機能したかについてかなり満足している。ここ数年進化してきたサーキット設計のための哲学と文化を継続する自信を与えてくれたことを願っている」

「オーバーテイクは難しいが、日曜日に何度か見たように可能ではある。来年、DRSアクティベーションゾーンを最終コーナーのバンクの前に拡張できることを期待しており、楽観的だ。新しいマシンならば、オーバーテイクの機会はもう少し増やえるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1オランダGP