マックス・フェルスタッペン、F1ハンガリーGPでのマシンダメージの全容
F1ハンガリーGPでの1周目の事故は、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンからチャンピオンシップのリードを奪ったが、“半分のマシン”では、ポイントはもちろんのこと、チェッカーフラッグに到達するためには多大な努力が必要となった。

マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPの1周目にバルテリ・ボッタス(メルセデス)が引き起こした事故に巻き込まれ、追突されてコントロールを失ったランド・ノリス(マクラーレン)と激しくヒットした。

マックス・フェルスタッペンのRB16Bは、サスペンションやホイールが損傷することなくなんとか生き延びましたが、マシンの右側は深刻な打撃を受け、バージボードの配置全体が壊れ、小さなフェンスがマシンからぶら下がっているような状態で赤旗中断のためにピットに戻らなければならなかった。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャンホーナーはレース後、ダメージが非常に大きかったため、「ミックシューマッハ(ハース)の方がマックスよりもダウンフォースが大きかったと思う」と述べ、フェルスタッペンがフィニッシュするために“半分のマシン”で戦わなければならなかったと語った。

マックス・フェルスタッペンの損傷したマシンの鮮明な横向きの画像を入手するのは困難だが、事件後のコース上の写真でもその結果は明らかだった。

下の画像は、マックス・フェルスタッペンのレース中の画像から。バージボードとフロアの欠けている要素を強調するために編集されたものだ。だが、その画像だけでは、フェルスタッペンのマシンがどれだけ損傷していたかを正しく理解するのには十分ではない。

マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダF1 RB16B

そのためには、レース中とレース後に撮影された写真の組み合わせから描画して創造性を発揮し、不足していることがわかっているものとそこにあるはずのものを比較する必要がある。

それが下記の画像だ。赤く塗られたすべてがマックス・フェルスタッペンのマシンから欠落していた。

マックス・フェルスタッペンのRB16Bのダメージの全容

ショルダーベーンの垂直要素(1)、すべての水平スラットフローコンディショナー(2)、両方のブーメランスタイル要素(3)、フロントフローコンディショナーの3本すべてのバー(4)、フロアの前面があります(5)、インボード垂直ターニングベーン(6)。

これは膨大な空力パフォーマンスの損失となり、マックス・フェルスタッペンの全体的なパフォーマンスを制限し、レース再開後に彼の後ろにいたタイトルライバルのルイス・ハミルトンが3位に上がることができたのに対し、10位でしかフィニッシュできなかった理由を説明している。

また、これらの損傷はタイヤの使用も加速させることになる。それは具体的なラップタイム以上に考慮すべき重要な要素だ。

そして、考慮すべきもう1つの重要な要素がある。このすべてのダメージはマシンの片側だけにあった。これは、マックス・フェルスタッペンが、遅いだけでなく、非常に一貫性のないマシンを運転しなければならなかったことを意味する。

下の画像は、マックス・フェルスタッペンが今週末初めにガレージを離れるオーバーヘッドショットを編集して、欠落している量だけでなく、左右でどれだけマシンが違ったかを表している。

マックス・フェルスタッペン F1ハンガリーGP

「事故後、マシンに大きなダメージを負っていたので、運転するのは非常に困難でした。ダウンフォースの喪失によるオーバーステアとアンダーステアがたくさんあった」とフェルスタッペンは語った。

「もちろん、1ポイントしか獲得できなかったのは本当に残念だけど、その一方で、クラッシュ後も続けられたのはとても幸運だったし、ポイントを獲得できたのは驚きだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1マシン / F1ハンガリーGP