レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「ハミルトンよりも速いと確信している」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年のタイトル争いでF1史上最も成功したドライバーであるルイス・ハミルトンを倒すことができると“絶対に確信している”と語る。

1周目のターン1でメルセデスF1のバルテリ・ボッタスが引き起こした多重クラッシュに巻き込まれたF1ハンガリーGPまでマックス・フェルスタッペンはドライバーズ選手権をリードしていた。

マックス・フェルスタッペンは、前戦F1イギリスGPでも、1周目にメルセデスF1のルイス・ハミルトンに当てられ、高速でバリアにクラッシュして一時的に入院することになり、ポイントのリードの大部分を失っていた。

「多くのポイントを犠牲にするクレイジーな瞬間がたくさんあった」とマックス・フェルスタッペンは De Telegraaf に語った。

「もちろん、メルセデスは非常に速い。でも、僕たちは決してあきらめない」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちは自分自身に集中し、プッシュし続けなければならない。そして、僕たちはどこに行き着くのか見てみるつもりだ」

しかし、日曜日のチェッカーフラッグでのマックス・フェルスタッペンの新しい6ポイントの不足は、セバスチャン・ベッテルの失格により、実際には8ポイントにまで膨れ上がる可能性がある。

「こういった瞬間はただただがっかりしている」とマックス・フェルスタッペンは言った。

「でも、夏休みの後、ベストを尽くすために戻ってくる」

「もちろん、僕のマシンが競争力があることを願っているし、僕たちはそれを見つけるだろう」

メルセデスの最新のアップグレードが後押しを与えたことは間違いないが、マックス・フェルスタッペンは自分の能力に自信を持っている。

「こういう風に考えている。僕はマシンの中で誰よりも速く運転することができる」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「自分はルイスよりも速いと確信している。そういう風に考えることは僕にとって非常にうまくいく。そうでなければ、実際には家にいたほうがいい」

レッドブル・ホンダとメルセデスのペースについて、マックス・フェルスタッペンはライバルに近いマシンが必要なだけだと語る。

「今年の初めに、マシンは間違いなく同等だったと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「今、メルセデスは少し先を行っている。そして、僕たちは少なくともそれを補うことを確認しなければならない」

「それができれば、僕は違いを生むことができる」

もうひとつの問題は、マックス・フェルスタッペンが、レッドブル・ホンダのチームメイトであるセルジオ・ペレスから受けているよりも、ルイス・ハミルトンがバルテリ・ボッタスからより多くの助けを受けているということだ。

「メルセデスでは、ルイスとバルテリは通常、予選で非常に接近している」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「それはマシンがうまく機能しているということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1