レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「電気自動車を所有するつもりはない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1の政治的な活動には無関心だ。電気自動車の購入と運転のトレンドに飛び乗ることはないと語る。

「電気自動車には音がない」とマックス・フェルスタッペンは日曜日のF1ハンガリーGPの前にBild am Sonntag に語った。

電気自動車をガレージに追加するつもりはあるかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「ノー。それは僕のスタイルではない」と続ける。

「電気自動車は所有していないし、所有するつもりもない」

政治的には、F1は移行期にあり、昨年、ルイス・ハミルトンはブラック・ライブズ・マターや反人種差別などのさまざまな社会問題の推進を主導した。

日曜日に最終的にアストンマーティンの燃料違反で失格となったセバスチャン・ベッテルは、国歌斉唱時にグリッドでLGBTをテーマにしたTシャツを着用したことを説明するためにスチュワードに召喚された後、レースからの失格を喜んで受け入れると述べた。

「失格になっても構わない。スチュワードはやりたいようにやればいい。僕は気にしないし、また同じことをする」とセバスチャン・ベッテルは語った

しかし、マックス・フェルスタッペンは、環境へのゴミ問題や電気自動車を含め、F1の政治的瞬間から完全に距離を置いているようだ。

「バッテリーのせいでとても重いからね」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「加速は印象的だが、それはバッテリーから来ているものだし、まったく興奮しない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1