マックス・フェルスタッペン 「序盤はルイスと素晴らしいバトルができた」 / F1イギリスGP スプリント予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPで初開催されたスプリント予選を制し、ポールポジションを獲得した。

17周で争われたレース形式のスプリント予選。2番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、グリッドで左フロントのブレーキから火が出ていたが、好スタートを決めてリードを奪う。

最初の数周はルイス・ハミルトンのプレッシャーを受けていたマックス・フェルスタッペンだが、その後はファステストラップを更新して、最終的に1.430秒差さをつけてトップでチェッカー。スプリント予選の記念すべき初ウィナーとなり、決勝をポールポジションからスタートすることになった。

これでマックス・フェルスタッペンは、4戦連続のポールポジション。3ポイントが追加され、ルイス・ハミルトンとの差は33ポイントとなった。

「とてもいいスタートが切れて、序盤はルイスと素晴らしいバトルができた」とマックス・フェルスタッペンはスプリント予選後のインタビューで語った。

「ハードにプッシュして、タイヤにはブリスターがたくさんできたのが見えたはずだ」

「明日はとてもエキサイティングなレースになると思うので楽しみだ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP