マックス・フェルスタッペン、弱者ぶるハミルトンにうんざり「眼鏡を買うべき」 / F1シュタイアーマルクGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、自分たちは弱者だと主張するメルセデスF1のルイス・ハミルトンにうんざりしている。

前戦F1フランスGPでは、2ストップのマックス・フェルスタッペンが1ストップのルイス・ハミルトンを残り2周で抜いて勝利。ハミルトンはレッドブル・ホンダの方が0.3秒速いと繰り返した。

「フランスで勝つこともできたけど、十分ではなかった。でも、不運な目に遭ったは感じてない。それはあまりにもネガティブだ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「でも、今年のレッドブルに追いつくためには、全力を尽くさなければならない」

「僕たちはまだすべての質問に対する答えを見つけていないけど、僕は楽観的だし、ここで刈り取ることができることを願っている。あらゆる要素が重要だ。僕たちが一歩前進すれば、それは良いことだ」

「レッドブルはストレートでゲインを得ている。フランスでは、純粋に最高速度でラップあたり0.3秒を失っていたけど、ここオーストリアでは、そういったストレートが3つある」とルイス・ハミルトンは結論付けた。

ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタス、そして、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、全員がレッドブル・レーシングを優勝候補として指摘しているが、マックス・フェルスタッペンはそれにうんざりしていると語る。

「ルイスが常に弱者ぶることに少しうんざりしている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「フランスではウイングを減らして運転していた。誰もがそれを見ることができた」

「たぶんルイス眼鏡を買うべきだね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / F1シュタイアーマルクGP