マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンをアンダーカットできるとは思わなかった」 F1フランスGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1フランスGPの決勝の1回目のピットストップでルイス・ハミルトンをアンダーカットして前に出られるとはチームは予想していなかったと認める。

オープニングラップの最初のコーナーでミスを犯した後、マックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンの後ろに下がり、レースのオープニング部分で彼に影を落とした。

マックス・フェルスタッペンは。ルイス・ハミルトンを3秒弱の差で追っているときにピットインしたが、ハミルトンが次のラップでピットインしたとき、なんとか前に出ることができた。

ルイス・ハミルトンが1ストップだったのに対し、マックス・フェルスタッペンはレースで2回目のピットストップを行ったが、残り2周でオーバーテイクを成功させて今季3勝目を挙げた。

最初のピットストップでルイス・ハミルトンに前に出られたことは、レッドブルの戦略決定にとって重要であることが証明された。しかし、マックス・フェルスタッペンは、それは彼のストップの意図された結果ではなかったと語る。

「アウトラップは良かったけど、アンダーカットができるほどだとは思っていなかった」とマックス・フェルスタッペンは認めた。

「出て行ったとき、突然、どこでもタイヤがしっかりとグリップしていた。

「ルイスのストップがどれほど速かったかどうかは分からない。もう一度確認する必要がある。でも、僕たちでさえ、ルイスをアンダーカットできるとは誰も予想していなかったと思う」

「新しいタイヤでは、トリッキーなコンディションであることが明確に示しされている。新しいタイヤを履いているときは、風によって少しマシンを失くしやすくなる」

「新しいタイヤを履くと、1周で感触は良くなるものだ。でも、前に出るすぐに、次の数周で、もう感触が良くなかった」

マックス・フェルスタッペンは、来たるオーストリアのダブルヘッダーに先駆けて、ドライバーズチャンピオンシップでハミルトンを12ポイントリード。日曜日の勝利により、レッドブル・ホンダF1がその強力な形を継続できるという自信を彼に与えている。

「もちろん、非常に有望です」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「レース、コンディション、序盤の状況は僕たちにとって簡単ではなかった」

「でも、最後に再び、マシンは再びまとまり始めたし、僕たちは非常に競争力があった。もちろん、それには非常に満足しているし、これを維持できることを願っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1フランスGP