レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「自分が最高と思えないならF1をやめるべき」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、自分に自信を持っていなければトップに立つことはできないと考えており、自分がグリッドで最高のドライバーだと信じていないならば、F1をやめるべきだと主張する。

現在、2021年のF1世界選手権で自身にとって初めてポイントリーダーに立っているマックス・フェルスタッペンは、悲願のF1ワールドチャンピオン獲得にむけてこの先の挑戦を楽しんでいる。

最近、マックス・フェルスタッペンは、同じメルセデスに乗れば、タイトル争いライバルであるルイス・ハミルトンよりも0.2秒速く走れると感じていると語った。最終的に、それはF1マシンのステアリングを握るのに必要な自己信念に帰着する。

「レーシングカーにはステアリングホイールと2つのペダルがある。それが自分がコントロールできるものだ」とマックス・フェルスタッペンは BBC に語った。

「ドライバーとして、常に自分が最高だと信じなければならない。僕? もちろん、信じている」

「僕たちは、コース上でお互いに激しく競争している。そして、それはまさに望んでいることだと思う」

「自分はそこにいる誰をも打ち負かすことができると信じなければならない。実際にそれが不可能だと思うなら、うまくいかないので、やめたほうがいい」

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPで大量ポイントを獲得する機会を逃した。フェルスタッペンはタイヤ故障によってリタイアし、ハミルトンは偶発的なブレーキバイアススイッチの押し間違いにとってポイント圏外へと落ちた。

戦いの真っ只中にいる二人は、そのうちクラッシュするだろうと複数の提案があるが、マックス・フェルスタッペンはその考えを打ち砕いた。

ルイス・ハミルトンとのクラッシュの可能性について質問されたマックス・フェルスタッペンは「僕たちは二人ともこの種のことを回避するのに十分な経験を積んでいると思う」と語った。

「もちろん、お互いに打ち負かしたいと思っているけど、コーウ上ではお互いを尊重している。公平で正直に競争している。そして、最終的には、最高のドライバーが勝つ」

「僕は自分にできる限りのことしかできない。それ以上のことはできない。それは僕がいつも週末ごとに達成しようとしていることだ」

「メルセデスよりも優れている必要があるし、ルイスよりも優れている必要がある。これらの両方を達成できれば、間違いなく戦うことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1