マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1でキャリアを終える計画」
マックス・フェルスタッペンは、F1キャリア全体を通してレッドブルF1に留まる計画だと語った。

マックス・フェルスタッペンは2014年からレッドブル ファミリーの一員であり、少なくとも2023シーズンの終わりまで長期契約を結んでいる。だが、何年にもわたって、特にメルセデスF1に対する競争力のない長いフェーズの間、チームとのフェルスタッペンの将来について疑問符が残っていた。

現実的には、マックス・フェルスタッペンがレッドブルを離れる唯一のチームはメルセデスF1だと考えられている。

しかし、現時点では、マックス・フェルスタッペンは足のかゆみを抱えておらず、代わりにレッドブル・レーシングのために非常に長い間レースを続ける予定だと語る。

レッドブルF1チームに永遠に留めるつもりかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「それが計画だ」と Sky Italia にコメント。

「僕はチームの一員であることを本当に楽しんでいる。チームの全員とも非常に良い関係を築いている。僕たちは全員が、とてもモチベーションが高く、成功のために突き動かされている。そして、僕たちはもちろん勝ちたいと思っている」

「僕たちがこれを非常に長い間行うことができることを願っている」

マックス・フェルスタッペンは、チームを移籍するのは「機会が適切で、それが速い車である場合」だけであり、耐久レースなどのサイドプロジェクトを興味を引くのは彼のキャリアの後半になってからだろうと語る。

「それは理にかなっている必要がある。でも、現時点では僕は本当にそれを求めてはいない」

「焦点はF1だ。もちろん耐久レースもやってみたいけど、これは副次的なプロジェクトであり、メインのゴールではない」

「そして今のところ、僕は今いる場所にとても満足している。もちろん、それはレッドブルだ」

また、マックス・フェルスタッペンは、2021年にレッドブルが・ホンダF1がメルセデスと本格的に戦うことを可能にしたことについて何が違うのかを尋ねられた。

「昨年の過ちから多くのことを学んだと思う」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「僕たちは非常に競争力のあるマシンを持っていると思っていたけど、今年の初めにはそれほど競争力がなかった。そして、もちろん、いろいろと制限されていたので、マシンのすべてをすぐに変更することはできなかった」

「そして、今年はそれをかなり変えることができたと思う。前進を見ることができていると思う、それは良いことだ。それでももっと良くなりたいと思うものだし、決して十分ということはない」

「僕たちはそれをもっと良くしようと努力し続けている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1