レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、ポジションを返さなければ勝っていた? / F1バーレーンGP決勝
F1バーレーンGPのスチュワードで元F1ドライバーのエマニュエル・ピロ、レース終盤にルイス・ハミルトンにポジションを返すことを拒否していれば、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンはレースに勝っていた可能性があると語る。

F1バーレーンGPではターン4の“トラックリミット”が問題となった。超過すると0.2秒のアドバンテージがあるが、レース後半にスチュワードから指摘されるまでは容認されており、ルイス・ハミルトンは29回にわたってターン4のトラックリミットを超過してアドバンテージを得ていた。

「ハミルトンはトラックリミットをあまりに頻繁に超過し、繰り返しアドバンテージを生み出した」とF1バーレーンGPのスチュワーズルームで勤務していたアマニュエル・ピロは Corriere dello Sport に語った。

「それで、チームと話をする権限を持つ唯一のマイケル・マシがメルセデスに連絡して警告した」

しかし、予選で同様の違反があった場合に、スチュワードはタイムを厳密に抹消しており、レッドブルのガレージで混乱が生じていた。

「人々がどうやって警告を受けずにそれをやれをやるポイントに到達したのか分からない」とマックス・フェルスタッペンは語っている。

レッドフル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはも「我々はレースコントロールに『もしそうなら、我々もそれをやっていいのか?』と質問した。互角のバトルでは、サーキットのその部分を使用することで0.2秒のアドバンテージがある」

「レースで使用しても大丈夫だとは言えないが、オーバーテイクすることはできない。黒白はっきりさせる必要がある。グレーであってはならない」

確かに、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを抜いてリードしたとき、マイケル・マシはすぐに無線でレッドブルにそのポジションを返還しなければならないと告げた。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが喜んでその義務を受け入れたと語る。

「マックスによれば、そうするのは正しいことだった。レースディレクターからメッセージが届いたとき、彼はすでに減速していた」とヘルムート・マルコは ServusTV に語った。

「ハミルトンにポジションを戻さなかった場合、どうなっていたかは分からない」とヘルムート・マルコは語った。

しかし、マックス・フェルスタッペンはレース後、実際にはルイス・ハミルトンにポジションを返したことを不満に思っているとほのめかした。

「こんなふうに2位でフィニッシュするより、ペナルティを受けてでも1位でフィニッシュしたい」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「それが僕という人間だ。誰もがそれに同意する必要はない」

FIAのスチュワードであるエマニュエル・ピロは、マイケル・マシは潜在的なペナルティを回避するためにドライバーがポジションを返すべきふぁと提案することはできるが、それは必須ではないことを明らかにした。

「レースディレクターは決して何も義務付けない。彼はそれを提案することしかできない」とエマニュエル・ピロは語った。

「フェルスタッペンはそのポジションを返したので、我々はもうその件に対処する必要はなかった」

しかし、エマニュエル・ピロは、マックス・フェルスタッペンに与えられたであろうペナルティは最大でも5秒ペナルティであり、ポジションを返さなければ十分にレースでの勝利を維持する可能性があったと示唆した。

「フェルスタッペンがポジションを戻さなかった場合、彼は最大5秒のペナルティを受けていただろう」とエマニュエル・ピロは確認した。

フェラーリのテストチームの元ヘッドであるルイージ・マッゾラは、レッドブル・ホンダがその危機的な状況に対処した方法に驚いたことを認めた。

「もし私がレッドブルの担当だったら、その決定について二度考えて挑戦しただろう」とルイージ・マッゾラは Autosprint に語った。

「レース中にハミルトンがしたことを考えれば、レッドブルはもっと激しく戦うことを期待していた」

「おそらく彼らはフェルスタッペンが簡単にポジションを取り戻すことができるだろうと思ったんだろう」

ヘルムート・マルコは次のように確認しました。

「ハミルトンは頭が良かった。彼は自分を追い抜かせて、ポジションを取り戻した。その結果、すでに劣化しているマックスのタイヤがほこりを拾い、彼は再び彼を攻撃することができなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1