マックス・フェルスタッペン 「タイヤマネジメントに自信があった」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1 70周年記念GPの決勝でタイヤマネジメントに自信があったため、タイヤを労われというチームからの指示を無視してメルセデスを追いかけたと語る。

マックス・フェルスタッペンは、ハードタイヤでスタートした第1スティントで印象的なタイヤマネジメントが勝利へとつながった。これにより、1回目のピットストップ後にバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンよりも有利な状況となった。

マックス・フェルスタッペンは、ハードタイヤからスタートするというリバースストラテジーを選択したこで、第1スティントとタイヤマネジメントが非常に重要になることはわかっていたと語り、メルセデスの二人がタイヤに苦しんでいるのを目にした後、チームからのタイヤを労わるために後退しろという指示に逆らってギャップを縮めていった。

マックス・フェルスタッペンは無線ラジオで「これはメルセデスに近くにいる唯一のチャンスだ。おばあちゃんのように座っているわけにはいかない」と答え、1回目のピットストップまでにプレッシャーをかけ続けた。

レース後、マックス・フェルスタッペンは自分のタイヤマネジメントに満足しており、メルセデスのドライバーが苦しんでいるのが見えたので、その機会を最大限に活用したかったと述べた。

「僕はすでに自分のタイヤを管理していたけど、彼らのタイヤは完全になくなっており、タイヤが開いているのが見えた」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「特にマシンが燃料を積んで重いときはタイヤがそうなることは予想されていた」

「でも、以前のレースでずっとやっていたように、ただ後ろで座っていたくはなかった。少しプレッシャーをかける機会があったので、そうしたかった」

「ターン13でルイスに近づいたときはヒヤッとした。グリップのアドバンテージがあったとしても、追従するのは本当に難しい」

「それから、彼らにとって続けることが不可能なポイントがきて、彼らはピットインした。それがレースの始まりだった」

マックス・フェルスタッペンは、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンを追いかけている間に、自分のタイヤが壊れてしまうことを警戒していたと認めるが、それがレース戦略を危うくする問題ではなかったと感じたので、レッドブルのアドバイスに反対し続けたと述べた。

「マシンがかなりまともなときには、特にただ座っているのが嫌いなんだ」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「自滅して、タイヤを殺して、必死に乗り切ろうとするときもあるけど、今日はそうではなかったと思う」

今回の勝利でマックス・フェルスタッペンは、ドライバーズ選手権でバルテリ・ボッタスを抜いて2位に浮上。首位のルイス・ハミルトンとは30ポイント差となっている。

関連:F1 70周年記念GP 結果:マックス・フェルスタッペンが今季初優勝!ホンダF1勢は3台が入賞!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP