マックス・フェルスタッペン 「風に敏感なマシンでタイムを失った」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPの予選を4番手で終えた。

Q2を唯一のハードタイヤで突破したマックス・フェルスタッペンは、Q3の1回目のアタックをミディアムで行った3名のドライバーの一人だった。

最終的にマックス・フェルスタッペンは、レーシング・ポイントのニコ・ヒュルケンベルグに0.094秒の差で敗れて4番手タイムだった。

「僕たちは他のことを試したし、幸運にもそれでQ2を突破できた」と語るマックス・フェルスタッペンはヒュルケンベルグの3番手を祝福している。

「4番手は望んでいた結果ではないけど、レーシングポイントは週末を通して競争力があった。ニコ(ヒュルケンベルグ)のために嬉しく思う。通常であれば、彼は前々からグリッドにいるべきドライバーだ。この結果が来年彼にシートを与えてくれることを願っている」

「異なるタイヤセットで走ることが違いをもたらした唯一のことではない。風の影響もあったし、それによってバランスが崩れてしまった。でも、それはどのドライバーも同じだ。僕たちのマシンは風にかなり敏感なように思う。最後のラップのセクター2で少しタイムを失ったけど、仕方ないことだ」

決勝についてマックス・フェルスタッペンは「とにかくクリーンなスタートができることを願っている」とコメント。

「今週末のハードタイヤは先週のミディアムタイヤだったので、他のトップ10からスタートするドライバーと比べてそれほど悪くはないと思う。もちろん、最初の発進時には少し失うかもしれないけど、第1スティントでは有利になると思う」

「また、セーフティカーが入るどうかにも依存する。少なくとも周りのみんながしていることとは異なる。明日もっと良い仕事ができるかどうかは待つ必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP