マックス・フェルスタッペン 「メルセデスにプレッシャーをかけ続けていく」 / レッドブル・ホンダF1 インタビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2位表彰台を獲得したF1イギリスGPの週末を振り返った。

予選でメルセデスに1秒差をつけられたマックス・フェルスタッペンは、決勝でもメルセデス勢に挑むことはできず3位を走行を走行していた。しかし、レース終盤にバルテリ・ボッタス(メルセデス)にパンクが生じたことで2位に浮上。3戦連続となる表彰台を獲得した。

メルセデスとの予選のギャップにもかかわらず、マシンからすべてを取り出して、チームのために非常に多くのポイントを獲得できたことは満足ですか?
そうだね、毎週末、僕たちは結果を最大化している。僕は過去2戦を2位で終えているのでさらにそう思うし、良い結果だった。もちろん、特に予選だけでなく、シルバーストンのようなトラックではレースでも僕たちには彼らに対してまだかなりのペースが足りないので、勝利のために彼らと戦うことはできていないけど、プレッシャーをかけ続けることはできている。

それでも表彰台に立つのは良いことだし、次の週末に何が起こり得るかはわからない。前回のレースの終わりはかなりクレイジーだった! 今週末のタイヤコンパウンドは柔らかくなるし、天候も暖かくなるので、戦略も異なっていくる可能性があるので楽しみにしている。僕たちはシルバーストンで1週間を過ごしたので、誰もがトラックでマシンがどのように走るかを知っているので、マシンについてさらに学び、さらに改善できるかどうか見てみよう。

同じトラックで連続してレースを行うことは、RB16の詳細を知り、マシンの初期の複雑さを知るのに役立つと思いますか?
常に同じコースにいるのは良いことだし、マシンにいくつかのことをバック・トゥ・バックで実行して、それらがどうでかるかを確認できる。もちろん、コンディションが異なる可能性があるので、コンディションには少し注意する必要があるけど、全体的にはそれは良いことだと思う。エンジニアもこの種のデータを収集することを望んでいると思う。

次の週末は異なるタイヤコンパウンドを使用することで2ストップ戦略が可能になる。それほど孤独なレースにならないことを期待していますか?
どうなるか見てみよう(笑)。でも、今週末は数える羊の数が少なくなることを願っているよ!

チャンピオンシップでボッタスとの差はわずか6ポイントです。
そうだね、もちろん、バルテリのパンクで彼がポイント圏外に落ちたのはラッキーだったけど、僕は自分のやっていることを続け、毎週末プッシュしている。僕たちがプレッシャーをかけることができることを願っているし、今年はまだたくさんのレースが残っている。現時点でのペースを把握し、勝利のために戦うことを現実的に考える必要がある。通常の状況でのチャンピオンシップは非常にトリッキーだけど、クルマはより良くなっている、予測しやすくなっているので、戦いを続けることができれば、必ずチャンスはある。僕たちはギャップを埋めて、彼らに楽させないように努力を続けていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1