マックス・フェルスタッペン 「かなり孤独なレースだったし、2位に満足」 / レッドブル・ホンダ F1イギリスGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPで2位表彰台を獲得。ファイナルラップではルイス・ハミルトンにパンクが発生して勝利が手の届くところまで近づいたが、実際には2位に落ち着こうとしていたので満足だとフェルスタッペンは認める。

3番グリッドからレースを開始したマックス・フェルスタッペンは、バルテリ・ボッタスがレース終盤にパンクし、2番手から脱落するまでは孤独なレースを走っていた。

ファイナルラップでルイス・ハミルトンが同じ問題を抱えていたため、ピットストップをしていなければ勝つチャンスさえあった。

レース後のマックス・フェルスタッペンは「ラッキーでもあり、アンラッキーでもあったね」と振り返る。

「メルセデスはレース中に速かったけど、残り10周でタイヤはあまりよくなさそうだった。バルテリがパンクしたとき、少しバックオフしていた」

「その後、チームはファステストラップに狙いにいくために僕をピットに入れた。残念ながら、ルイスにもパンクがあったけど、2位に満足している。僕たちにとって非常に良い結果だ」

勝利はすぐに手の届くところにあったが、マックス・フェルスタッペンはかなり孤独なレースをしていたと語る。

「エンジニアに水分補給を続けるように伝えたいた。かなり孤独なレースだったし、ペースを管理して、タイヤの労わろうとしていた」

関連:F1イギリスGP 決勝:ルイス・ハミルトンが手負いのマシンで優勝!レッドブルF1のフェルスタッペン2位表彰台

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1