マックス・フェルスタッペン 「突然マシンがアンチストールに入った」 / レッドブル・ホンダF1 オーストリアGP 結果
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1オーストリアGPの決勝レースをリタイアで終えた。

予選を3番手で終えたマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンがペナルティを受けたことで2番グリッドに昇格。トップ10では唯一ミディタムタイヤでのスタートとなったが、序盤は後続からの攻撃を抑えつつ、前のメルセデスF1についていった。

しかし、11周目に電気系のトラブルが発生し、スローダウン。ピットへマシンを戻したものの、ここでリタイアとなりました。

「残念だ。もちろん、望んでいたシーズンのスタートではない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「突然駆動を失った。クルマがアンチストールに入った。何が問題だったのはまだわからないけど、分析していく。でも、最終的にそこは重要ではない。僕たちはリタイアした。ただ適切ではなかった」

今日は勝てるレースだったと思うかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「バルテリがとても速いのはすぐにわかった。なので、自分のレースをしていた」とコメント。

「少なくとも表彰台は獲得できていたとは思うけど、結果は変えられない」

関連:F1オーストリアGP 決勝:完走11台の大波乱。ボッタス優勝、ノリス初表彰台

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストリアGP