マックス・フェルスタッペン 「レッドブルとホンダF1のパッケージ全体が重要」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、多くの人が自分がタイトル候補になる可能性があると考えている2020年シーズンに向けて準備を進めているが、その責任は自分だけではなくレッドブルとホンダF1にもあると認めている。

昨シーズン、マックス・フェルスタッペンは、自己ベストとなるドライバーズ選手権3位でシーズンを終了。3勝を挙げ、メルセデスのドドライバー以外では最も多くの勝利を挙げたドライバーとなった。

マックス・フェルスタッペンは、今年もっと多くの勝利を収められることを期待しているが、ルイス・ハミルトンに挑戦できるパッケージを手に入れられるかはレッドブルとホンダF1にもかかっていると認める。

「それは僕だけではない…パッケージ全体が速い必要があるので、どうなるか見てみよう」とマックス・フェルスタッペンは Sydney Morning Herald に語った。

「昨年よりも良い方法で今年をスタートできるように、僕たちは冬の間ずっと懸命に作業してきた。そして、今はそれが本当かどうかを知る時だ」

2020年のF1世界選手権では、マックス・フェルスタッペンが初のF1ワールドチャンピオンを追いかけている一方で、ルイス・ハミルトンは7回目のタイトルを目指している。

メルセデスは、これまでドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権を6連覇している。

マックス・フェルスタッペンは、その牙城を崩せるかどうかはレッドブルとホンダF1にかかっていると語る。

「ルイスは多くの勝利を収めており、メルセデスは多くの勝利を収めている…チームとして僕たちは彼らを苦しめたいと思っている」

「ルイスとメルセデスはどちらも素晴らしい仕事をしているので、彼らにもっと苦労を与えられるかどうかは僕たち次第だ」

しかし、彼のライバルと同様に、マックス・フェルスタッペンは今年の序列がどのように展開するかについてほとんど手掛かりもなくメルボルンに到着した。

レッドブル・ホンダは好調なプレシーズンテストを過ごした、歴史はプレシーズンテストの勢力図が必ずしもレースでは反映されないことを何度も示している。

「タイムはあまり見すぎていないし、他の人が何を走らせていたのかもわからない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「異なる日に多くの走行が行われた。いくつかの日は非常に風が強く、いくつかはそうでなかった。いくつかの日はとても曇っていて、いくつかは晴れていたので、伝えるのは困難だ。

「僕たちは独自のプログラムを実行しようとしているし、ほとんどのことは完了できたとと思う。僕たちはそれを進化させたし、それについて満足している。常にもっとうまくやれたと思うものだけどね」

「でも、冬のテストに関するすべての質問に答え続ける必要がないようにスタートすることを楽しみにしている。実際それは代表的なものではないし、誰もが自分のプログラムをやっているだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1