フェルスタッペン インタビュー(2):2020年のF1世界選手権にむけて / レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンが、2020年のF1世界選手権、さらにはF1の将来について語った。

2015年にF1史上最年少デビューを果たしたマックス・フェルスタッペンも今年で6年目のF1シーズンを迎える。今年、F1史上最年少ワールドチャンピオンを狙うフェルスタッペンが、シーズンについて、現在のF1について、そして、将来についてインタビューで語った。

今シーズン、2021年のマシンにどのくらい関わっていますか?
「結局、それは僕にとってあまり重要ではない。僕はそれが現在のマシンでうまくやることを考えなければならない。僕は空力の専門家ではないので、次のマシンにあまり影響を与えることはない。また、サスペンションなどの経験もないので、エンジニアに仕事を任せる必要がある。非常に異なるマシンになる。かなり異なるので、現在の車について言われたことは、新しいマシンにとってはあまり関係はない。

メルセデスは、ウインターテスト中に「DASシステム」呼ばれるものを思いつきました。2021年以降のチームのイノベーション能力がより制限されていることに失望していますか? それとも良いことですか?
「空力の人々はもちろんそれを好まないだろう、彼らはそのようなシステムでマシンを作りたいはずだ。しかし、僕たちがフィールドをより近づけたいと思っているのは良いことだ。でも、最終的にはそれがあまり大きな違いを生むとは思わない。なぜなら、現在のレギュレーションを数年間維持うれば、おのずとフィールドは拮抗してくるからだ。

常にルールを変更し続けるのは良くない。なぜなら、常に他のチームよりも優れたものを見つけるチームが出てくるからだ。F2でも、各チームは本質的に同じだけど、チーム間にいくつかの違いが見られる。純粋にセットアップによってマシン間で0.5秒の差があるおともある。いつもそのような感じになるだろう。

予算上限の導入についてどう思いますか? 競技の場はより平等になると思いますか?
ほとんどのチームはすでに2021台のマシンに多額の投資をしているので、それが大きな違いを生むとは思わないビッグチームはより多くの投資を行うことができるので、新しい年に有利なスタートを切ることができる。違いがわかるまでに数年かかるかもしれない。

カレンダー上のレース数は今後数年間で再び増加するようです。純粋にすでに十分だと思いますか? それとも、週末ごとにグランプリをやりたいですか?
現在のレース数で問題ないと思っている。僕たちはすでに家から遠く離れているので、これ以上やりたくはない。レースだけでなく、その間にいろいろなものもある。それがこれ以上グランプリをやりたくない理由だ。好きではないからではなく、忙しすぎる。F1以外の生活を送ることが重要だと思う。

オーストラリアは6回目のF1シーズンのスタートになります。今ではすべてのルーチンですか? それとも新シーズンのスタートにまだ緊張していますか?
再びレースをするのを楽しみにしている。それに向かって働いてるし、それがどんな感じかはわかっている。残りについては、できるだけ良い印象を与えようとしている。

F1での最初の5年間をどのように振り返りますか?
かなり順調だったと思っている。僕はすでにこのような若い年齢で予想していたよりもはるかに多くのことを達成した。でも、F1にいるとうまくやりたいと思うのだ。幸いなことに、僕たちはいくつか素晴らしい勝利を収めた。僕たちが上昇トレンドを継続して、最終的にはチャンピオンシップを狙えることを願っている。

最近では、ほぼすべてのサーキットでオレンジ色のスタンドが見えます。世界中に非常に多くのファンがいて、あなたが運転するのを見るために非常に多くのオランダのファンが世界中を旅していることをどう思いますか?
まず第一に、彼らはスポーツが好きだと思う。F1カーのスピードは素晴らしい。とにかくオランダ人はスポーツマンをサポートしている。それはオランダ人が競うすべてのものに当てはまる。非常に多くの人が来てくれるのは素晴らしいことだ。

あなたが達成してきたこと、あなたが世界で最高のドライバーに属しているという事実を実感していますか? F1での時間を楽しんでいますか?
僕は常に改善しようとしているので、それほどでもない。F1は、ずっと達成したかったことであり、それが目標だった。だから僕はそれを最大限に生かしたい。それについて詳しく説明するのは好きではない。これまで実現したことは素晴らしいことでだけど、楽しむためだけにやるつもりはない。

ルイス・ハミルトンのような人は、F1以外のことをますます試みています。あなたはF1で始めたばかりのときと比べて、他のことも検討していますか?
ゆっくりとね。でも、それは趣味に依存する。僕の趣味は常にレースだ。だから、その点で僕はほとんど同じ世界にい続けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1