フェルスタッペン、ホンダのF1エンジンに手応え「まだフルパワーじゃない」
レッドブル・ホンダのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、F1バルセロナテストの3日間で目に見えてリラックスしていた。

マックス・フェルスタッペンの新車『RB16』の最初の評価はポジティブなものであり、シャシー面だけでなく、ホンダの2020年型F1パワーユニット『RA620H』にも手ごたえをつかんでいる。

マックス・フェルスタッペンは、ホンダとのコラボレーション開始以来、日本の働き方の大ファンであることを公言している。

「個人的にホンダの美しさは、彼らが我々に何かを言えば、それにこたえてくれることだと思う。今年もそれは変わらないと信じている」

マックス・フェルスタッペンは、F1バルセロナテストではホンダのF1エンジンの出力を抑えていたと語る。

「僕たちは新しいエンジンがどれくらいの走行距離を走れるかをわかっている。それが最も重要なことだ。僕たちはまだフルパワーモードを走らせていない。でも、これまでのところ、すべてがスムーズに動作している。それが僕たちが望んでいたことだ」

19年には、4基目の電源ユニットが必要になり、関連するグリッドペナルティが発生した。今年、ホンダF1は年間を通じて3つの割り当てられた3基パワーユニットのみを使用することを目指している。

「去年、僕たちは3基以上のエンジンについて話題になっていたけど、それは常に大きなアップグレードを伴っていたし、信頼性とは何の関係もなかった」

「今年はペナルティを受けないことを望んでいる。でも、エンジンは良好に動作しているし、このようなテスト期間に注意を払うべきことはそこだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1