フェルスタッペン 「アロンソはF1復帰で時間を無駄にすべきではない」
マックス・フェルスタッペンは、フェルナンドアロンソがレースやチャンピオンシップに勝てないチームでF1に復帰すれば「時間の無駄」になるだろうと語る。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンでの4シーズンにわたる奮闘の後、2018年末にF1を離れた。マクラーレンは2019年に劇的に改善し、コンストラクターズ選手権で4位を獲得した。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2021年のF1のレグレーションで平等な競技の場が約束されていることがF1復帰を誘惑する可能性があることを示唆したが、マックス・フェルスタッペンは警告の言葉を発した。

「フェルナンドは素晴らしいドライバーだ…それに彼が復帰して彼を見えるのは良いことだろう。でも、競争力のあるマシンでに限る」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「そうでなければ、彼にとっては時間の無駄だと思う。でも、そんなことは彼もわかっていると思う。」

フェルナンド・アロンソの元チームメイトであるルイス・ハミルトンは、F1復帰の可能性をミハエル・シューマッハと比較して語った。

「フェルナンドは明らかに優秀なドライバーであり、ミハエル(シューマッハ)のようにドライバーが戻ってくるのを望むのは興味深いことだ。人生全体でやってきたことだからね」とルイス・ハミルトンはコメント。

「フェルナンドと話したことはないので、彼がどのように感じているのか、どれくらい恋しく思っているかはわからないけど、スポーツにとって悪いことではないと思う」

「多くの若手が出てきているし、シートは20席しかないので、彼もF1でそのような期間を経験している。でも、他に優秀な若者がやって来ない場合は、間違いなく交換できるスペースはここにある。だから僕はそれを歓迎するね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / フェルナンド・アロンソ