「マックス・フェルスタッペンはまるで40歳のような思考力」
マックス・フェルスタッペンは、F1での過去数年で大きな成熟を果たし、もはやF1デビュー時に目にしたせっかちさは影を潜めている。そう語るのは元F1ドライバーのカルン・チャンドックだ。

F1ブラジルGPのレースについてカルン・チャンドックは「8つのコーナーしかないが、アスファルトに大きな変化があり、難しい縁石がマシンに影響をあたえる難しいサーキットだ」 Sky Sports F1 にコメント。

「ドライバーはクルマからラップタイムを引き出すための最適化を達成するためにかなりに自信が必要だ」

「マックスは最初のプラクティスセッションから自身を欠くことなく、競争的な態度で挑んでいた。彼は予選のすべてのセグメントでトップタイムだった。それは非常に印象的だった。実際、彼のQ2タイムはその日の最速だったし、彼がパフォーマンスの最大限にいかに近づいているかを示していた」

「決断を下す際の彼の思考の毎回さは、まるで40歳のように聞こえる。彼のエンジニアであるジェン・ピエロ・ランビアーゼオと築き上げたダイナミクスと関係はサーキットでの彼らの成功にとって重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1