マックス・フェルスタッペン 「2020年はホンダのF1エンジンが鍵」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年にF1ワールドチャンピオンを獲得するためにパワフルなホンダのF1エンジンを望んでいると語る。

以前には2020年の契約から抜け出そうとしていると噂されていまマックス・フェルスタッペンだが。今では来年のチャンピオンシップを目指すことについて楽観的に捉えている。

「僕たちはすでにいくつか良い結果を達成しているけど、次のステップを踏み、来年のチャンピオンシップに挑戦したいと思っている。今年はホンダを学ぶ一年であり、順調に進歩した。チームの全員が非常にやる気があるし、勝ちたいと思っている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

ホンダの八郷隆弘社長も2020年はレッドブルと“何が何でもシリーズチャンピオンを獲りたい”と語る。

「来年はレッドブルとともにシリーズチャンピオンを何が何でも獲りたいと思っていますので、こちらのご声援もよろしく願います」と八郷社長はHonda Racing THANKS DAY 2019で語った。

マックス・フェルスタッペンは「僕たちは正しい道を進んでいると思う。メルセデスやルノーと比較したホンダのエンジン出力を見れば、僕たちはメルセデスに非常に近いので、来年は非常に有望だ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕がホンダに期待すること? さらなるパワーだ。信頼性に関してはすごくよくなっている。今年は彼らにとって躍進の年だった」

「彼らはすでに2勝を手にしたし、それは会社全体にとってすごく大きな勢いとなった。ホンダは正しい方向に進んでいる」

「2020年にまた挑戦することになる。だけど、僕たちにとってはホンダのF1エンジンがさらにパワフルになることが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1