マックス・フェルスタッペン「来年F1タイトル獲得という目標は変わらない」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダが今シーズンに垣間見せている能力を2020年に“すべてをまとめることができる”ことを望んでいると語る。

レッドブルとホンダのF1パートナシップにエンジンがかかるのは少し時間がかかったが、夏休み前にようやく融合し始め、マックス・フェルスタッペンはオーストリアとドイツで2勝を挙げた。

夏休み後はフェラーリを上回ることが期待されたが、レッドブル・ホンダはそれを達成するどころか失速し、差をさらに広げられている。

マックス・フェルスタッペンは、今年の進歩には満足しているが、レッドブルとホンダはまだやらなければならない仕事があることをわかっていると語る。

「僕たちは必要な措置を講じられていない。同時に、もしメルセデスと比較すれば、その差はそれほど大きいとは思ない。でも、フェラーリと比較すれば、僕たちは改善できていない」とマックス・フェルスタッペンは Yahoo Sports にコメント。

「僕たちはとにかく懸命に仕事を続けて、来シーズンのために学ぶ必要がある。エンジンに関してももっと良くなるはずだ。全員がそれを知っているし、秘密ではない。僕たち全員がそれを望んでいる。チーム内でショックを引き起こすことは僕のやり方ではない。全員で同じステップを果たしたいと思っている」

「もちろん、今シーズンにタイトルを争えるとは思っていなかった。新しいパートナーと仕事を始める場合、それは現実的な目標ではない。今年は建設的なフェースだったし、僕たちはそれを最大限に生かそうと頑張った。僕たちは時々それを垣間見ることができた。これから僕たちは来シーズンにむけてそのすべてをまとめようとしている」
マックス・フェルスタッペンは、あと2戦でF1参戦100戦目に到達する。

「100戦目に到達したらどうするか? 引退するよ!(笑)」とマックス・フェルスタッペンは冗談交じりに語る。

「子供の頃からF1では100戦は多いとずっと思っていた。もちろん、僕のキャリアはとても速くにスタートしたし、僕たちはまだもっと多くを達成したいと思っている。300戦かもしれないし、400戦かもしれない。誰にもわからないよね」

現役ドライバーでは、キミ・ライコネンが311戦目に到達しており、ルーベンス・バリチェロの326戦に迫っている。だが、将来、マックス・フェルスタッペンはその記録を破るかもしれない。

「今、ただ楽しんでいるだけだ。全体的、僕たちのいる場所はまだ世界の終わりではない。私たちはまだトップ6にいるし、何マイルも離されているわかではない。僕はそのレベルだけど、本当に何かをするのに十分ではない」

「ステージをつかむ機会がそこにあるので、それを楽しんでいないというわけではない。ネガティブになるのではなく、チームを改善に向けることが重要だ。改善につながるものを見つけることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1