F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、夏休み前の4レースで2勝を挙げて夏休みに入った。

夏休み前最後のレースとなったF1ハンガリーGPで、マックス・フェルスタッペンは初ポールポジションを獲得。決勝ではメルセデスの戦略が奏功して残り4周でルイス・ハミルトンに勝利を明け渡すことになったが、マックス・フェルスタッペンはシーズン後半により多くの勝利を挙げることを望んでいる。

マックス・フェルスタッペンは「かなり良い感じだけど、常にもっと良くなる可能性はある。もちろん、僕たちはもっと多くのレースに勝ちたい」とレッドブル・レーシングの公式サイトでコメント。

F1デビュー以来、ファンを興奮させてきたアグレッシブなドライビングスタイルについてマックス・フェルスタッペンは「大きなショーを見せつけようとしているわけではない。ただ最高の結果を得ようとしているだけだ」と語る。

「コース上で戦い、勝利のために一生懸命に戦うのが好きなんだ。僕は他のドライバーと戦っている。ファンはそれが好きなんだと思う」

今年は、レッドブルがルノーとのパートナーシップを解消し、ホンダを新しいエンジンパートナーに迎えての初年度となる。ホンダF1との提携には多くの人々が疑念を抱き、成功への長い道のりを予測していたが、勝利ははるかに早くに現実のものとなった。

「ホンダF1との新しいコラボレーションが開始した当初、僕はとても慎重だった」とマックス・フェルスタッペンは認める。

「でも、彼らは素晴らしい人々であり、彼らが良い仕事をすることはわかっていた。でも、僕たちの方も序盤はマイナーな問題に苦労していた。いくつかの理由でクルマは僕たちが望んでいた走りができていなかった」

「ホンダはエンジンを壊したくないと思っているよに感じた。僕たちは、クルマの面で望んでいたよりも少し難しいスタートになったけど、それから2つの勝利を挙げられたのは良いことだ」

「ほとんどのレースで結果を最大化できたと思うし、クルマに満足していた。僕たちはクルマを改良し、ホンダはエンジンを改良した。

F1オーストリアGPでのマックス・フェルスタッペンのセンセーションな勝利は、ホンダにとって、マクラーレンとの困難な復帰に続いて、2006年以来となる優勝となった。

「ホンダがあのレースで優勝できたことは特に嬉しかった。どんな勝利も素晴らしいけど、彼らにとって感動的だったし、オーストリアのホームトラックであったこともうれしかった」

勝利がまぐれではなかったことを示すために、マックス・フェルスタッペンは2レース後のドイツGPで2勝目を挙げた。

「トリッキーなレースだった。コンディションがかなり変化していたし、ミスを犯しやすかったので注意を払わなければならなかった」

「でも、チームとして僕たちはそれを本当にうまく管理した。優れたコミュニケーション、優れたピットストップ、集中力の維持、それが最も重要でした。

「適切な戦略、適切なコミュニケーション、適切なタイヤが必要だった。スリックタイヤでリーダーになった後、僕を追い越すのは困難だったと思う」

その後、マックス・フェルスタッペンはハンガロリンクでの初のF1ポールポジションを獲得した。

「初めてのポールポジションは常に特別なものになるだろうと思っていた。軽い燃料で走る予選ラップはとても楽しい。フルダウンフォースのクルマの本当にグリップを感じることができる」

「この日はチーム内の全員にとって素晴らしい日だった。そのチームにはホンダも含まれている」

マックス・フェルスタッペンは、9月1日のF1ベルギーGPを皮切りに、シーズンの残りの9レースで表彰台の頂点にさらに上がれることを期待していると語る。

スパ・フランコルシャンについてマックス・フェルスタッペンは「お気に入りのトラックだ。高速コーナーを備えた素晴らしいトラックであり、トラック全体の流れは運転していて本当に楽しい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1