F1 マックス・フェルスタッペン ルイス・ハミルトン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンは2016年もF1ワールドチャンピオンを獲得できたはずだと語り、ニコ・ロズベルグからでさえプレッシャーを受けていなかったと考えている。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンはF1ハンガリーGPで素晴らしい戦いをみせた。二人は70周のレース全体でバトルを繰り広げ、最終的にルイス・ハミルトンが残り4周で逆転して優勝。二人は他のドライバーよりも1分近く先にフィニッシュしており、彼らがいかに別次元の戦いをしていたかを強調した。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、5回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが、少なくとも最近ではチームメイトから挑戦されることはなかったと考えている。

「それはマシンに依存している」 とマックス・フェルスタッペンは Motor Sport Magazine のインタビューで語った。

「彼は長年にわたってチームメイトのプレッシャーを受けていたとは思わない」

ルイス。ハミルトンは、メルセデスでの数年間でニコ・ロズベルグとバルテリ・ボッタスがチームメイトを務めている。ロズベルグは2016年にハミルトンを破って優勝し、その後すぐに引退た。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、2016年もルイス・ハミルトンがタイトルを獲得していたはずだと考えている。

「もしエンジンの故障がなければ2016年も本当に彼が優勝しているはずだった・・・でも、夏休み後にいくつかの悪いスタートがあったし、そこで彼は1位を失った」

「でも、彼はチームメイトから大きなプレッシャーを受けていなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | ルイス・ハミルトン