F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGP初日のフリー走行は“シーズンで最悪の金曜日”だったかもしれないと振り返る。

マックス・フェルスタッペンは、FP1を3番手、FP2を7番手で終了。いずれもチームメイトのピエール・ガスリーに後塵を拝すとともに、FP2ではマクラーレンのランド・ノリスにも上回られた。

「新しいアスファルトなのでまだグリップレベルの扱い方を学ぶ必要がある」とマックス・フェルスタッペンはFP2後にコメント。

「いい感じではあるけどね。ちょっとバンピーなのは残念だけど、グリッドが増すのはいつだって良いことだ。今日は風がかなり強かったのでよりチャレンジングだった。最終的にクルマのバランスがうまく取れていなかった」

「たぶん今回はイーズンで最悪の金曜日だったし、まだやらなければならないことがいくつかある。それでもポテンシャルはあると思うので、メルセデスとフェラーリにかなり近かったのは良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1 | F1イギリスGP