F1 マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダのトップスピード不足に不満を抱えており、ストレートではマクラーレンよりも遅いと嘆いた。

ホンダはF1フランスGPで“スペック3”エンジンを投入。マックス・フェルスタッペンは4位でレースを終えたが、予選ではマクラーレンのランド・ノリスに0.009秒差まで迫られた。決勝でもオープニングラップでカルロス・サインツから必死にポジションを守らなければならなかった。

これまでホンダのF1エンジンについては批判を控えてきたマックス・フェルスタッペンだが、この状況に陥ったことで、昨年までのエンジンパートナーであるルノーと比較してホンダにさらなるパワーアップを求めている。

「1周目を見てもらえばわかるけど、僕たちは上位勢と比較してトップスピードを逃しているのは明らかだ」とマックス・フェルスタッペンは MOTORSPORT WEEK にコメント。

「後ろにいたマクラーレンでさえ、ストレートではとても速かった。僕たちがエンジン面でもっと大きなステップを果たさなければならないのは明確だ」

「ルノーは1周目にかなり強力な予選モード、もしくは何らかのものを使っていたのがわかったと思う」

「その後、彼らは当然それを戻さなければならなかったし、もう脅威ではなくなったのがわかたっと思うけど、僕たちは1発のペースを間違いなく改善できるはずだ」

マックス・フェルスタッペンは、F1フランスGPで今季7度のトップ4フィニッシュを果たし、100ポイントを獲得。そして、昨年、勝利を収めたF1オーストリアGPに向かう。

だが、マックス・フェルスタッペは昨年のパフォーマンスを繰り返せるかどうかには疑念を抱いている。

「現実的に今週末(フランスGP)よりもはるかに良いというおkとはないだろう。でも、どうなるか見てみよう」

「ストレートがたくさんあるし、ゲインを得るとしても、多くのゲインを得られるほどコーナーは多くない。現時点で僕たちはコーナーでもあまり優れているとは思わないしね」

関連:「ホンダのF1エンジンはメルセデスより60馬力劣っている」とアナリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1