F1 ホンダF1
元F1ドライバーでオランダの有料テレビ Ziggo のアナリストを務めるロバート・ドーンボスは、ホンダのF1エンジンはメルセデスと比較して60馬力劣っていると語る。

かつてレッドブルのF1ドライバーを務めたロバート・ドーンボスは、今でもチームと契約している。そして、チームの内部情報を明かした。

マックス・フェルスタッペンの最近のパフォーマンスについて「彼がうまくやっていることは実際にわかると思う。チーム内のプレッシャーを高めている」とロバート・ドーンボスはコメント。

「彼のコメントはまだリラックスしている。彼は自分の仕事をしている。だが、レッドブルはボロボロだし、ホンダもボロボロだ。彼らはまだ60馬力劣っている。私はまだあちらこちらに情報源を持っている。確かな情報だ」

「奇妙ななことだが、その数字は悪い時のルノーとほぼ同じだ。ホンダは正しいレベルに到達するためにもう少し努力する必要がある。もちろん、レッドブルもシャシーを改善させなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | レッドブル