F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1スペインGPでフェラーリの2台を倒して3位表彰台を獲得。今シーズン2個目のトロフィーを手に入れた。

レース前にレッドブル・ホンダはフェラーリをターゲットにしていると語っていたマックス・フェルスタッペンは、見事にそれを実行。RB15のレースペースを称賛した。

「良いスタートが切れたけど、1コーナーはちょっと厳しかった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「ベッテルとメルセデスの2台が固まってターン1に入っていくのが見えたので、バックオフした。それによって、ターン3にむけていいポジション取りができた」

「5番手から3番手に巻き返すことができた。それによってレースへの準備を整えることができたのでよかった。その後は自分のペースで走ることができた」

「メルセデスは速かったし、彼らは最後にできるだけ速く走ろうとしていたと思う。もちろん、僕も全開でプッシュしたけどね」

フェラーリ勢に対して一時は10秒以上のギャップを築いていたマックス・フェルスタッペンだったが、セーフティカーの導入によってそのギャップが帳消しになっていまう。

「リスタート後はフェラーリに対して防御するのは難しいとわかっていたので、ストレートで全てのパワーを使わなければならなかった」

「僕たちは競争力があったし、スピードもいい感じだった。表彰台を獲得できて満足している」

マックス・フェルスタッペンは、ファンが選ぶF1スペインGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”に選出された。

関連:F1スペインGP 結果 | ルイス・ハミルトンVでメルセデスが5戦連続1-2!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP