F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、ホンダの2019年F1エンジン『RA619H』にはまったく問題はないと語る。

レッドブル・レーシングは今年からホンダのF1エンジンを搭載。しかし、F1プレシーズンテストではまだ期待されたような速さを見せておらず、ホンダのF1エンジンにバイブレーションの問題があるとも噂されている。

マックス・フェルスッペンは、F1バルセロナテスト3日目に小さなトラブルによってガレージすることになったが、ホンダのF1エンジンに大きな問題はなく、より多くのパワーがあると語る。

マックス・フェルスタッペンはホンダのF1エンジンについて「僕たちにはより多くのパワーがあるし、ここまではかなりいい感じだ」とコメント。

「ほとんど問題は発生していないし、今日もひとつだけだった。全てがクルマに組み込まれているので、フロアを外し必要があるし、少し時間がかかった」

「エンジン自体は問題ないし、そこについては満足している。僕たちは多くの周回を重ねることができたし、すべてがかなりスムーズだった」

「ホンダとの仕事にはとても満足している。すべてのことに集中しているし、落ちい着いている。全員が自分たちの仕事をこなしている。それは良いことだ」

ホンダは高いパワーモードを走らせているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「もちろん、そうではない。でも、誰もそうしてはいないと思う」

「最も重要なことは、すべてに信頼性があって、クルマがうまく機能することだ。僕たちは多くの問題には見舞われていない。100周以上走れれば、常にポジティブだ」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル RB15がホンダのF1エンジンのバイブレーションに苦しんでいるとの噂も否定した。

「いつものことだよ。彼らの方が詳しく知っているみたいだね」とマックス・フェルスタッペンは語った。

2019年の空力レギュレーションについてはもう少し走行を重ねて理解を深めたいと語る。

「もう少しクルマを理解したいし、異なるセットアップを試して、ベストな方向性を見極めたい。全体的に多くの周回を走り込むことができている。明日はピエールがクルマを走らせて、僕はまたミルトン・キーンズでシミュレーターに乗る。僕たちはメルボルンまでにできるだけ多くの情報を得ようとしている」

「新しいルールはF1カーのダウンフォースを減らすことを目的としているけど、レッドブルとグリッドの他チームはそれを取り戻すために良い仕事をしている。ラップライムを見れば、僕たちはまだかなり速くなるだろう」

「それにフロントウイングも広くなったので、1周目のスタートではより注意深くならなければならない。フロントウイングがタイヤと同じ幅になったので、ダメージを受けやすいからね」

関連:F1バルセロナテスト 3日目 結果:トロロッソ・ホンダのクビアトが最速!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1