マックス・フェルスタッペン
レッドブルは、F1モナコGPの予選でクラッシュしたマックス・フェルスタッペンのシャシーを交換。フェルスタッペンは決勝レースをピットレーンからスタートすることになった。

マックス・フェルスタッペンは、スイミングプールでバリアに激しくクラッシュ。Q1で敗退し、最後列からレースをスタートすることになっていた。クラッシュは、そのシークエンスの2つ目のエントリーでバリアに衝突してサスペンションが破損したことが原因だった。

ダメージはかなり酷く、レッドブルはシャシーを交換するためにパルクフェルメ状態を解かなければならず、ピットレーンスタートのペナルティを課せられることになった。


関連:F1モナコGP 予選:ダニエル・リカルドが自身初ポールポジション!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | F1モナコGP