F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
ストフェル・バンドーンにとってジル・ド・フェランがマクラーレンのスポーティングディレクターに就任したことはチーム残留にむけて良いニュースにかもしれない。

今年に入ってからまだ予選でフェエルナンド・アロンソに勝つことができておらず、低調なパフォーマンスが目立つストフェル・バンドーンは、今シーズン限りでシートを失うとの噂が浮上している。

マクラーレン内では、育成ドライバーのランド・ノリスがF1シート昇格にむけて待機しており、また、マクラーレンはフェラーリのシートを喪失する可能性のあるキミ・ライコネンの獲得を検討しているとされている。

しかし、その状況は一変したかもしれない。ストフェル・バンドーンは、新たにマクラーレンのスポーティングディレクターに就任したジル・ド・フェランの娘アンナ・ド・フェランと交際している。

ジル・ド・フェランは「彼らは1年ほど前に知り合った」と Globo にコメント。

「だが、完全に切り離された関係であり、それに関しては私はまったく問題ないことだと思っている」

ストフェル・バンドーンは、自身の将来についての噂とは距離を置いている。

「一年のそのような時期だ。それもF1の一部だ。外の世界の人々ほど気にしていないよ」とストフェル・バンドーンはコメント。

「もっと重要なのは彼らがチーム内で僕のことをどう考えているかだ。彼らが僕の仕事をどう判断するかだ」

また、レーシングディレクターを務めてきたエリック・ブーリエの離脱についてストフェル・バンドーンは「それで僕にとって何かが大きく変わるとは思っていない」とコメント。

「マクラーレンのあらゆる問題は1日で解決されるようなものではない」

シル・ド・フェランジル・ド・フェラン

アンナ・ド・フェランアンナ・ド・フェラン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | マクラーレン