ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデは、2014年にケータハムに残留するという選択肢もあったが、将来のことを考えてザウバーに加入することを選んだと述べた。

2013年にケータハムでF1デビューを果たしたギド・ヴァン・デル・ガルデだが、2014年はザウバーのテスト兼リザーブドライバーに就任。今年はレースをしないことになった。

ギド・ヴァン・デル・ガルデは、選ばれた金曜フリー走行で走行する予定となっている。

「2歩前進するために横に動かなければならないときもある」とギド・ヴァン・デル・ガルデはコメント。

「ケータハムとの新しい契約にサインすることもできたけど、しなかった。僕にとってこっちの方が良いチャンスだと思ったからね」

「横へのステップだけど、ザウバーでの将来はずっと輝いて見える。常にポイントを争っているチームだし、常にグリッドに適切なマシンを並べているチームだ」

ギド・ヴァン・デル・ガルデは、F1での将来はあると主張する。

「他の人がレースをしているのを見るのは簡単なことではないけど、2015年にザウバーのレーシングドライバーとしてかたき討ちする予定だ」

ケータハムは、2014年のドライバーとして小林可夢偉とマーカス・エリクソンを起用することを発表した。

関連:
小林可夢偉、ケータハムでのF1復帰が決定!
ギド・ヴァン・デル・ガルデ、ザウバーのリザーブドライバーに就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ザウバー