ギド・ヴァン・デル・ガルデ (ケータハム)
ギド・ヴァン・デル・ガルデが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

ギド・ヴァン・デル・ガルデ (ケータハム)
「シンガポールには本当に幸せな思い出がある。前回フィニッシュラインを越えたのは2012年のGP2のスプリントレースで優勝して、ケータハム・レーシングのシーズンを本当に高い位置で終えられたからね。それはF1のための準備の重要な部分だったし、シンガポールのサーキットを経験しているので、F1カーであそこに戻ることに本当に興奮しているよ!」

「チームはすでにとても忙しい週末になりそうだと警告しているよ! たくさんのスポンサーイベントがあるし、トニーはレース週末に新しいケータハムのクルマを披露することになっている。彼がトラックにいるとき、特に東南アジアでは、いつも本当に騒がしくなる。週末全体が一年で最高の週のひとつになると思う。トラックは、クルマに乗る僕とチームの両方にとって素晴らしいチャレンジだ。もちろん、暑さの備えてトレーニングと準備をしてきたけど、チームは全員が十分に水分を摂って、時差ぼけによる問題を避けるためにヨーロッパ時間での睡眠パターンのままでいることを確認している。一旦クルアに乗ってしまえば、僕たちに適したサーキットだと思うし、ちょっとモナコに似ている。ノーマルなストリートでプッシュするには信頼が必要だし、モナコでは僕たちはそのようなチャレンジが好きだということを示したと思う!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ケータハム | F1シンガポールGP