WEC トヨタ
トヨタは、FIA 世界耐久選手権(WEC) 第3戦シルバーストーン6時間レースで2台共に失格となったことを受け、「今後、この判定に対する対応を検討してまいります」と語った。

8月18日(土)から19日(日)にかけて行われましたWEC第3戦シルバーストーン6時間レースにおいて、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソがドライブしたTS050 HYBRID 8号車が1位、小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスがドライブした7号車が2位でチェッカーフラッグを受けた。

しかし、決勝レース後の車検でスキッドブロッグが車検の車体剛性検査で不適合と判断され、失格という裁定が為された。

トヨタはレース後にプレスリリースを発表。当該パーツは昨年より使用していたものだと強調し、対応を検討していくと述べた。

「両車共に、今回のサーキット改修で新たに設けられた縁石を乗り越えた時に発生したと考えられる衝撃により、車体前方下部にダメージを負っていました。結果、レース後の車検の車体剛性検査で不適合と判定され、2台共に失格となりました」

「当該の車両部品は2017年初めより使用を開始し、直近では今年の開幕戦のスパで同様の検査に合格しています」

「我々は、今後、この判定に対する対応を検討してまいります」

関連:WEC シルバーストーン | 1-2のトヨタの2台が車両規定違反で失格処分

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ | WEC (FIA世界耐久選手権)