ジョン・ハウエット(左)とルカ・マルモリーニ(右)
トヨタF1チームのジョン・ハウエットは、長年エンジン部門を率いてきたルカ・マルモリーニがチームをチーム離脱したのは、チームとポリシーとテクニカルレギュレーションの変更が理由ではないかと考えているようだ。

ルカ・マルモリーニは、10年前にフェラーリからトヨタに移籍。トヨタのF1プロジェクトを支えてきた人物だ。

ルカ・ルカ・マルモリーニの決定には、エンジン開発の凍結により、開発の機会が失われたこと、そして、トヨタがKERSにあまり積極的ではないことが原因と考えられている。の決定には、エンジン開発の凍結により、開発の機会が失われたこと、そして、トヨタがKERSにあまり積極的ではないことが原因と考えられている。

ジョン・ハウエットは、そのような指摘にコメントした。

「エンジンを開発する機会がほぼなくなったため、彼はフラストレーションを感じるようになったのかもしれない。KERSに対する我々の戦略的なアプローチにも賛成できなかったのだろう」

「最終的に彼はチームを離れることを望んではいなかっただろう。我々も彼を失いたくはなかった。しかし、我々と彼の間には、まだ隙間があったか」

ルカ・マルモリーニの決定には、エンジン開発の凍結により、開発の機会が失われたこと、そして、トヨタがKERSにあまり積極的ではないことが原因と考えられている。の後任には、竹内一雄が就く。

「竹内さんは100%モータースポーツ畑の人間だ。彼は以前からモータースポーツプログラムに関わっており、IRLやNASCARの活動に貢献してきた。彼は本当の意味でのレーサーだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ