F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダは、タイのオイルブランド『PTTルブリカンツ(PTT Lubricants)』と新たなスポンサー契約を締結し、アレクサンダー・アルボンが同ブランドのアンバサダーに就任したことを発表した。

今回の契約により、F1ドイツGPからトロロッソ・ホンダのF1マシン『STR14』、ドライバーのレーシングスーツにPTTルブリカンツのロゴが掲載される。

PPTはタイ石油公社を前進とする天然ガス事業、石油事業を行うエネルギー関連企業。PTTルブリカンツは、PPTグループのオイルリテールビジネスにおける主力企業PTT Oil and Retail Business Public Company Limited (PTTOR)のブランドとなる。

トロロッソ・ホンダは、タイの高級アップルサイダー『Moose(ムース)』とスポンサー契約を結び、アレクサンダー・アルボンがアンバサダーに就任するなど、アルボンの存在によりF1への注目が高まっている。

アレクサンダー・アルボンは「PTTORとPTTルブリカンツに本当に感謝しているし、世界中で彼らを代表していくことを楽しみにしている。彼らのサポートと頼りにして進んでいけることは本当に重要なことだし、今後、彼らと密接に仕事をしていく機会を楽しみにしている。PTTORをトロロッソ・ファミニーに迎え入れることを本当に光栄に思っている」とコメント。

PTTORの社長兼最高経営責任者(CEO)であるJiraphon Kawswatは「このコラボレーションは、国際的な舞台でタイの人々の可能性を実証するための我々の努力の一部です。それはまた、世界中のモータースポーツファンの目の前に現れる、タイを代表する高品質のオイルおよび潤滑剤ブランドにとっての歴史的な機会です。我々のブランド大使として、アレックスが大成功を収めることを願っています。そして、競争の結果にかかわらず、彼はどこのタイの人々の心の中で勝者となるでしょう」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1 | F1スポンサー