F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
スクーデリア・トロ・ロッソは、昨年のホンダのF1エンジンの開発率に感銘を受けており、レッドブル・レーシングとの2チーム供給となる2019年はその開発率がさらにスピードアップすると考えている。

2018年、スクーデリア・トロ・ロッソはホンダF1のワークスパートナーとして作業を開始。2019年の開発のための戦略的なエンジンペナルティの影響もあり、コンストラクターズ選手権では9位だったが、バーレーンGPでは4位、日本GPでは揃ってQ3に進出するなど、マクラーレン時代と比較してホンダのF1エンジンは大きな改善を見せた。

ホンダは今年からスクーデリア・トロ・ロッソに加え、レッドブル・レーシングへもF1パワーユニットの供給を拡大。スクーデリア・トロ・ロッソの副テクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンはそれによってホンダのF1パワーユニットの開発率はさらに上がると考えている。

「昨シーズン後半のホンダの開発率には非常に感銘を受けた」とスクーデリア・トロ・ロッソの副テクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは語る。

「2019年にレッドブル・レーシングがホンダのパワーを使用するようになったので、彼らは多くのダイナモでの活動の所有権を獲得し、パワーユニットの開発に重要な役割を果たすことができるようになる」

「設計面では、マシンシステムの統合、パワーユニットの統合、および冷却パッケージの統合により多くのリソースを投入することができた。内製と組み立てに関しては、レッドブル・レーシングがホンダのパワーユニットを採用する相乗効果によって、リソースをさまざまな活動に割り当て直すことができたため、これまで限られていたいくつかの領域に容量を追加するという利点がもたらされた」

「一般的に、クルマのどの部分がトロロッソを起源とし、どの部分を購入するかに焦点を絞ったアプローチをとることには多くの利点がある。我々は現在、さらに柔軟なデザインオフォスを持っており、関与する人々はシナジープロジェクトを本当に受け入れ、新たな課題に取り組んでいる」

「2018年の間になされたいくつかの良いステップを経て、2019年もパワーユニットの強力な開発が続けられており、現在2つのチームがこのパワーユニットを使用しているため、可能性は高まっている。パワーユニットを2つのチームで使用することの主な利点は、開発、最適化、および障害解決のプロセスをスピードアップするためのより多くのデータとフィードバックをホンダに提供できることだ」

「これまで協力してきたなかで、このプロセスは非常に生産的であり、過度の妥協をせずに非常に簡単に一般的な解決策に到達できまと我々全員が考えている。レッドブル・テクノロジーが提供するリアエンドを使用することで、この課題はいくつかの点で簡単になるが、当然ながら、克服すべき課題はまだあります。一般的に、3つのチーム間の協力プロセスは非常に単純明快で、ディスカッションとレビューのプロセスは非常に効率的だ。関係が進むにつれて、これはさらに改善されていくだけだけだ」

「うまくいけば、両方のチームがより良いパッケージにたどり着き、ホンダが速いスピードで発展し続けることを可能にする。ただし、ギャップを縮めていくほど、継続して縮めていくことは難しくなる。それでもフィールドの上位に移動しようとする努力が妨げられることはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1