F1 ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
スクーデリア・トロロッソのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、ホンダがレッドブル・レーシングとパートナーシップを組むことで、ホンダF1との関係がさらに良くなり、トロロッソといても利益を得られると考えている。

ホンダは2018年にトロロッソにF1パワーユニットを独占供給。トロロッソはチームの歴史で初めてワークスパートナーシップを経験することになったが、2019年からはそこにレッドブル・レーシングも加わる。

フランツ・トストは、トロロッソのステータスに変化はないと主張。トロロッソとレッドブル・レーシングのより密接な協力関係が最終的に今シーズンのホンダとのパートナーシップの改善に繋がると考えている。

「さらなるサポートを期待している。ホンダから同じサポートを受けることになるが、今後、ホンダから直接のサポートはない。だが、レッドブル・レーシングとの相乗効果によって、パフォーマンスが向上すると期待している。技術面からのフィードバックを提供するのに、1チームだけではなく、2チームがコース上にいることは常に良いことだからだ」と RACER にコメント。

「それにレッドブル・レーシングはトップチームであり、それによって2019年にフィードバックはより詳細になる。我々もその情報を得ることができるので、我々のパフォーマンス改善にも役立つ」

だが、フランツ・トストは2018年のホンダの進歩に満足しているものの、それは今後の継続的な競争力を保証するものではないと語る。

「パワーユニットは開発されなければならず、まだやるべき作業はいくつかある。ご存じのとこり、それはF1では一般的なケースだ。研究開発が成功の鍵であり、静止していることはできない。それはパワーユニットに関する開発プロセスだけでなく、クルマに関しても言えることだ」

トロロッソ・ホンダは、2019年F1マシン『STR14』がFIAのクラッシュテストに合格したことを報告。そこにもレッドブルとホンダの提携による相乗効果が出ている。

両チームのパーツはレッドブル・テクノロジーが製造しており、姉妹チームであるトロロッソは、レッドブルが設計したリアエンドやフロントサスペンションのパーツなどが流用されることになる。

しかし、レッドブル・レーシングは、シーズン開幕のギリギリまでコンポーネントの設計を推し進めることでため、トロロッソの2019年F1マシンはレッドブルの2018年F1マシン『RB14』からの“おさがり”となるパーツをベースに開発が進められている。

トロロッソとレッドブル・レーシングは、昨年のプレシーズンテスト前にそれぞれ新車のシェイクダウンを実施したが、まだどちらのチームも2019年F1マシンの発表日を発表していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / トロロッソ / レッドブル / ホンダF1