F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ランスタッド
スクーデリア・トロ・ロッソは、ランスタッド・イタリアとスポンサー契約を締結したことを発表した。

総合人材サービス会社ランスタッドは、トロロッソの“公式ヒューマンリソースパートナー”となり、同社のロゴがトロロッソ・ホンダのF1ドライバーのレーシングスーツやピットクルーのヘルメットに掲載される。契約は2019年から複数年契約となる。

トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは「F1の結果は、チームが常に非常に高いレベルで業務を遂行する能力にかかっている。ビジネスのあらゆる面で最高水準を維持する必要がある」とコメント。

「それは適切な陣勢を適切な仕事に従事させることを意味するだけでなく、会社を成長させるために若い才能を育成しながら、全員が正しい方向に向かって働いていることを保証することも含まれる」

「そのためには我々がランスタッドと共有するモチベーションと決断力、資質が必要となる。彼らの専門知識を活用することで、作業方法が向上し、進歩に役立つと確信している」

トロロッソのヒューマンリソース・ディレクターを務めるオテロ・ヴァレンティンは「F1はモータースポーツの頂点だ。我々の人材のチームワークと卓越性は、我々が競争力を発揮するために不可欠な重要性を持っている」とコメント。

「スクーデリア・トロ・ロッソは、F1で才能を選りすぐり、訓練し、育成することにおいて、認識と専門知識を持っており、ランドスタッドとのパートナーシップは我々のチームにとって戦略的協力を表す」

「才能のある若者と技術的なエキスパートの正しい組み合わせを作り出すこと自体が大きなプロジェクトだ。我々は、時間が最も重要な変数である急速に変化する環境で働いている。そして、人事部門は、拡大し続けるニーズを満たすために素早く革新的な人材を惹きつけ、成長させなければならない。したがって、我々はランスタッドと協力することを非常に楽しみにしている」

「ランスタッドは、専門的な人材の育成を通して卓越性を追求するという独自の理念を共有している。この分野でのランスタッドの貢献は我々の会社にとって大きな利益になると信じている。、そして、それはファクトリーとレーストラックで我々のチームプロセスの継続的な改善に反映されるだろう」

ランスタッド・イタリアのマネージングディレクターを務めるマルコ・セレサは「ランスタットが常に技術革新と才能のある若者の育成に力を入れているF1の最も意欲的なチームのひとつであるトロロッソと提携することを誇りに思っている」とコメント。

「あらゆる職場環境と同様に、レーストラックはあらゆる事業がその能力を最大限に発揮することを要求される。ランスタッドは、結果を追及し、従業員の能力を評価し、革新に投資し、常に完璧さと成功を目指すとスポーツの価値をトロロッソと共有している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | F1スポンサー