F1 トロロッソ・ホンダ ピエール・ガスリー
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるは、2019年にトロロッソ・ホンダでピエール・ガスリーの後任を務めるドライバーを9月上旬のF1イタリアGPまでに決定したいと語った。

レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでチームを離れてルノーに移籍することが決定したダニエル・リカルドの後任として、今年ジュニアチームのトロロッソに所属しているピエール・ガスリーを2019年のドライバーとして昇格させることを発表している。

ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーが2019年にダニエル・リカルドの後任としてしっかりと務めてくれるだろうと期待を寄せる。

「ピエールはまだF1での2シーズン目に過ぎないし、彼には経験が不足している。だが、純粋なペース、特に予選では彼はマックス(・フェルスタッペン)のレベルにかなり近づいている」とヘルムート・マルコはコメント。

「リカルドは予選ではマックスほどの結果を出していなかった」

「シーズン中盤には彼がリカルドの後任をしっかり務めてくれることを期待している」

今回の玉突き移籍によって、2019年のトロロッソ・ホンダには少なくとも1つの空席ができることになった。

現在、レッドブルのジュニアドライバーは才能が枯渇しており、19歳でヨーロッパF3に参戦中のダニエル・トィクトゥムがトロロッソ・ホンダのドライバー候補に挙げられているものの、現状ではトィクトゥムは今季のヨーロッパF3選手権でタイトルを獲得したとしてもF1参戦に必要なスーパーライセンスポイントの条件を満たすことができない。

しかし、ダニエル・ティクトゥムは、2019年にトロロッソ・ホンダでF1デビューを果たすことが次の論理的なステップになる可能性を否定していない。

「僕はF3にいるし、その質問に答えることはできない。答えたいんだけど、申し訳ないけど、それはできないんだ」とダニエル・ティクトゥムはコメント。

「現時点で確認できることは何もない。もちろん、勝利は助けになるけど、これはF3であり、まだ道のりは長い」

ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーの後任として2019年にトロロッソ・ホンダで走るドライバーを9月上旬にモンツァで開催されるF1イタリアGPまでに決定したいと語る。

「モンツァまでにはガスリーの後任を決めたいと思っている」とヘルムート・マルコは Servus TV に語った。

だが、トロロッソ・ホンダの空席はひとつだけではないかもしれない。今季、成績を残せていないブレンドン・ハートレーもシート喪失の危機が報じられている。その後任に挙げられているのがマクラーレンのリザーブドライバーを務めるランド・ノリスだ。実際、レッドブルはシーズン序盤にブレンドン・ハートレーに代えてランド・ノリスをローン移籍で獲得することを打診したが、マクラーレンに拒否されてる。

しかし、最近、マクラーレンはトロロッソから引き抜いたテクカルディレクターのジェームス・キーの移籍を早期に実現するために、交換条件としてランド・ノリスを提供するのではないかと噂されている。

それだけではなく、マクラーレンとフォース・インディアによって多くの玉突き移籍が起こるかもしれないと噂されている。フォース・インディアは、ローレンス・ストロールがチームを救済したことで、ランス・ストロールが加入することは確実とみられている。その際にシートを失う可能性が高いエステバン・オコンについて、メルセデスはマクラーレンのシート獲得するべく交渉を行っているとされている。

マクラーレンのひとつのシートはカルロス・サインツで決定しており、そうなるとストフェル・バンドーンがシートを失うことになる。ザウバーへの移籍も噂されているバンドーンだが、育成プログラムを有するフェラーリと資本関係にあるザウバーのシートを得るのは容易ではないと考えられている。

その場合、ストフェル・バンドーンもトロロッソ・ホンダに移籍するのではないかと噂されている。それが実現すれば、2019年のトロロッソ・ホンダはストフェル・バンドーンとランド・ノリスという2人のマクラーレンドライバーが走るという奇妙な状況になるかもしれない。

また、ランド・ノリスとストフェル・バンドーンの他にも、過去にトロロッソでF1を戦って今季のフォーミュラEのチャンピオンに輝いたジャン・エリック・ベルニュがF1復帰の可能性を示唆しており、また、かつてレッドブルのジュニアドライバーで今季のF2で上争いを繰り広げているアレクサンダー・アルボンも2019年のトロロッソ・ホンダのF1シート獲得に名乗りを上げている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1